2009年06月29日

今週のスタディ! Vol.75


N3.jpg


ホームページのS.C.WORKS MAGAZINE
「スタディ」
を更新致しました!


NEW 今週のスタディひらめき

1)知財に悩む

2)フライヤー使わず揚げ物

3)玄米黒酢農法


内容を見る



posted by SCW at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | スタディ!2008-2009

2009年06月26日

ホームページ更新のお知らせ

HP.jpg

HP更新しました!

■OUR WORKS →「ワークス
 └オープン店舗を更新しました。

■モノマニア → 「アメリカ・オセアニア
 └「ZABAR'S」「Ralphs」「オマケ」更新しました。

お時間のあるときにご覧下さい目

2009年06月24日

手軽にほろ酔い

昨今のインスタント食品の進歩はすごいですよね。
それについては今更取り上げるまでもないのですが、ここまで来ているとは知りませんでした。

皆さん、ご存じでしたか?「インスタントワイン」。



「ワイン」と「インスタント」が結びつくとは考えもしませんでした。
思い返せば、お土産でもらったワインの入浴剤をたっぷりのお湯に溶かし入れていたにも関わらず、「粉末ワインを水に溶かして飲む」という発想は1ミリも出ませんでした。。。

こちらは、ドイツで販売されている「パウダー・ワイン」で、アルコール度数は8.2%。ボトルに入ったワインと違い、軽くて持ち運びしやすいのでアウトドアや山登りに最適だそうです。

パウダー60gに対し、200mlの水またはお湯を注げばあっという間にワインのできあがり。ちなみに1袋およそ700円です。

これだったら、日本酒をはじめ、我が国が誇る酒も粉末に・・・と思ったらすでにあったんですね!

でも、酒税法の関係で粉末酒は「酒」として販売できないのだとか。
加工食品や化粧品の材料として使われていますが、スポーツドリンクの粉末みたいに飲料としてはダメなようです。

需要はたくさんありそうなのに、残念ですね!
そのうちOKになるときが来るのでしょうか。

ドイツに行く機会があれば、是非試飲してみたいものですバー





posted by SCW at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品情報

2009年06月22日

今週のスタディ! Vol.74


N3.jpg


ホームページのS.C.WORKS MAGAZINE
「スタディ」
を更新致しました!


NEW 今週のスタディひらめき

1)コンビニに災害情報

2)内装塗料に漆喰 インフル感染低減

3)環境首都ロンドン


内容を見る



posted by SCW at 10:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | スタディ!2008-2009

2009年06月19日

改正農地法

今週のS.C.WORKSスタディにも書きましたが、農機具のレンタルが今年から始まりました。「レンタルなんかすると買う人がいなくなる」と各社足並みを揃えていましたが、とうとうそうも言ってられない状況まできました。

以前からエコ農産物、獣害、ギャルの農業参入、婚活イベントや色んな野菜の話などS.C.WORKSでも農業にフォーカスすることが度々ありましたが、どこも苦しいのが現状です。


しかし先日、農地の貸借を原則として自由にする改正農地法が参院本会議で自民、民主、公明各党などの賛成多数で可決、成立しました。


農地を借りやすくして企業の農業参入を促す狙いで、規模拡大などを通じた生産性向上を目指すそうです。農地の所有者が基本的に耕作するという農地制度の抜本的な見直しともなり、年内に施行される見通しです。


かなり噛み砕いて言うと、器具のレンタルや農業参入者が増えてきた今、農地までレンタルしちゃって枯れた土地も使いたい人に貸しやすくしよう!!というもの。耕作放棄され荒れた土地を有効利用できそうです。

※現行制度では、企業が農地を借りようとすると「農業生産法人」を設立しない限り、レンタルは耕作放棄地の多い地域に限られるなどの制約があるそうです。


大手企業だけでなく、個人事業主や、趣味・生き甲斐としても農業が利用されることが増えるかもしれませんね。


地産地消がきちんと成立する土地は限られるなぁ・・・と最近思う事があったので、こういった動きで少しでも農業が活発になって欲しいなと思いました。
そうすれば、次はスーパーなどの青果売場、地産地消コーナーも変わっていきそうな気がしますひらめき 期待しながら新たな売場づくりのことを考えていきたいです手(グー)



ヨシイクゾウ
posted by SCW at 18:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース

2009年06月17日

日本の夏!

わかっちゃいるけど、この鬱陶しい梅雨が明ければ夏!!
今から「猛暑」「炎天下」「熱帯夜」なんて言葉の登場にびびってます。
ところで今日のニュースでちょこっと気になった記事が。。。

「大日本除虫菊が和歌山に新工場」

昨今は閉鎖や縮小。建設延期などで新規工場のニュースが定番になっていますが、このご時世に新工場建設のニュースは心なしか景気回復(気味?)の期待感がわいてきますよね。
しかも「大日本除虫菊」ご存じ
「日本の夏。キンチョーの夏。」のキンチョーさん。

来年12月から同社の日高工場を閉鎖されて下津町丸田の潮見台用地にて操業されるそうで、約61ヘクタールの土地でガンガン「蚊取り線香」つくって売りまくってほしいもんです。
夏に蚊取り線香の香り。これってある意味日本の文化でしょ。


是非ともこの計画が「煙に巻かれないよう」お祈りいたします。


う〜ん。キンチョーだけに
「蛇が出そうで蚊も出ぬ」ってことのないように。
が、よかったかな.....モバQあせあせ(飛び散る汗)

蚊取り線香.jpg
posted by SCW at 17:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース

2009年06月15日

今週のスタディ! Vol.73


N3.jpg


ホームページのS.C.WORKS MAGAZINE
「スタディ」
を更新致しました!


NEW 今週のスタディひらめき

1)苦戦中”デパ地下”に未来はあるのか

2)もはや人間並み!? 食品ロボットの実力

3)農機のレンタル


内容を見る



posted by SCW at 19:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | スタディ!2008-2009

2009年06月11日

父の日、母と娘は役得?

今年は来週の6/21(日)が父の日です。そろそろ何を贈ろうかと考えだす時期でしょうか。
実家から離れて暮らしているのですが、こういった日を設けてもらえると帰る口実になって良いなと毎年思います。正月・盆だけではやはり寂しい気はします。


しかしながら同居していると、それはそれで祝うのが億劫になるお母さん、娘さんいるのではないでしょうか?たらーっ(汗)
そんな家族を後押しする(?)素晴らしい企画がありました。


題して"イケメン百貨店"
20070918230438.jpg
※写真はイメージです・・・


厳しい業績が続く百貨店。しかし、日々、試行錯誤が繰り返されているよう。

財布のひもを握る主婦層をターゲットにと始まった企画会議でしたが、名古屋の買い物客は母と娘の親子2人で買い物するケースが全国的にも多いところが注目されたようです。(関西では神戸のマダム親子にそいうったイメージがあります)


三越名古屋栄店では、「父の日フェア」に合わせ、午前10時の開店時に20〜30代の男性店員約50人が来店客を出迎えるなんてことをしているそう目

実際の売場でも、ニットタイやポケットチーフなどを身に着けオススメ商品を提案。
同店の広報さんも「よりすぐりのイケメン店員を準備した。着こなしを参考にしてもらい、だんなさまやお父さまの贈り物を選んで」と自信たっぷりです。


やはりサラリーマン相手でも、営業はかわいい若い子がウケるというのは分からなくもないですが 笑 お母様方も同じなんですね。イケメンブームもさることながら、売り手の強みになることは確かです。


大阪では、梅田と天王寺駅前の工事がどんどん進み、日に日に風景が変わっていくようで各百貨店の完成が楽しみです。若い世代も取り込んで、復権を目指して欲しいですね!


ヨシイクゾウ
posted by SCW at 19:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース

2009年06月09日

何かとこの時期気になります。

某雑誌の臨時増刊の告知小冊子にあった一言が気になる。



メタボ・メタボも聞き慣れた感があり、危機感というより
どことなく可愛さを感じてしまうのは自分だけでしょうか?
ベルトの穴や、服屋の試着室で自己嫌悪に陥ったときに「年取ったな。」って痛感する割には、食生活や運動量に気遣うわけでもなく、いいわけばかりの生活に甘んじる己に深く反省。。。

でも新庄剛志が味方についてくれれば勇気(やる気?)がふつふつ。



「新庄」にはなれませんが「コンジョウ」だして頑張ります。
(あっ、こういうところは確実に歳とってます!)
posted by SCW at 19:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2009年06月08日

今週のスタディ! Vol.72


N3.jpg


ホームページのS.C.WORKS MAGAZINE
「スタディ」
を更新致しました!


NEW 今週のスタディひらめき

1)広がるデジタルサイネージ

2)マグロ、景気悪化で需要減

3)千葉県、菜の花の有効活用


内容を見る



posted by SCW at 16:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | スタディ!2008-2009

2009年06月06日

阪急西宮ガーデンズ



遅ればせながら、「阪急西宮ガーデンズ」に行ってまいりました。
昨年11月、阪急西宮スタジアム跡地にオープンしてからすでに半年が経過していますが、ようやくその姿を確認することができました。

第一印象はとにかく「おっきい」の一言!
それもそのはず、5フロアの建物に核テナントとして阪急百貨店とイズミヤ、そのほかTOHOのシネマコンプレックスやロフト、ユニクロ、ジョーシンなどの大型店を含め、270店舗弱で構成されていて、西日本最大・国内でも3番目の広さを誇るのですから。

しかし・・・「大型」ではあるものの、あのSC独特の威圧感がない。
周りが比較的開けていて後ろに山が見えたり建物の色が優しいアースカラーだったり、モチーフに西宮市の花である桜が使われているためか、とても女性的で優しい雰囲気が漂っているのが印象に残りました。なんというか"しなやか"な感じです。

また、ここは西宮北口駅とデッキでつながっているのですが、途中に動く歩道があるため、スイスイ歩き進めます。これはすごく親切!
今年中には屋根も付くそうなので、雨の日も助かりますね。こういうところに気を配るのはポイント高いと思います。

訪れたのは平日午後ですが、結構な人で賑わっていました。客層的には奥様方や赤ちゃん連れの若いお母さん、学生さんなど大半は女性でしたが、郊外のSCに都心のファッションビルをほどよくミックスしたようなテナント構成で、確かに女性の好みそうなラインナップだと思いました。
実際一消費者としてもかなり気に入りましたぴかぴか(新しい)
新聞にも書かれてましたが、阪急が取り組んでいるお客様参加型のイベント「コトコトステージ」の評判も上々だそうですね。

さて、今回の訪問のメインであるイズミヤは、建物2Fに食料品、3Fに衣料品、4Fに生活雑貨という3フロア構成となってます。
売場面積1000坪の食品フロアは、ゴンドラ・冷蔵ケースとも背の低いタイプを使っているのでかなりゆとりを感じました。
通路幅も広いので、混み合う週末もイライラは少なそうな気がします。

そして、何より内装にびっくりです。SC全体のデザインに合わせてか、同社他店とは全然様子が違い、キラキラまぶしいくらい!
白タイルとミラー、ステンレスで統一されている売場は、かなりきらめいてました。商品は同じでも、建物・内装が違うと印象が変わるという、いい例を見ることができたと思います。
クリンリネスに力を入れて頂いて、いつまでもこのきらめきを保って欲しいですね。

上のフロアの衣料品は手頃な値段の物が揃っていましたが、SC内にこれだけ専門店があるとやや弱い感じがしました・・・。陳列方法のせい??
いやいや、こんな心配なんて無駄なくらいファミリー層には好評で順調に売上を伸ばしているのかもしれませんが。魅力的な専門店に囲まれたGMSの衣料、気になるところです。

ざっと流し見て2時間。次は週末にゆっくり行きたいです。
屋上にはゆったりしたガーデンスペースもあり、飲食フロアも充実しているので、家族連れはもちろんどんな世代にも受け入れられそうです。



まだ行かれてない方は、一見の価値ありですので是非目


FROM:A
posted by SCW at 17:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 店舗視察

2009年06月03日

五感を刺激

大日本印刷が開発した「しゃべるポスター」が今月頭から販売されているそうです。
Pos-Laサウンドパネル」という商品で、パネル全面がスピーカーになっているため文字や写真だけでなく、内容に合わせた音声でもアピールできるというもの。

ポスターのそばにスピーカーを置いたり、ラジカセで音楽を鳴らしたりするのとは違って、そのものから音が出るということでより注目度がUPするのではないでしょうか。

パネル自体も薄くて、好きな形にカットすることもでき、従来どおり壁に貼り付けることも天井からぶらさげることも、自立させることも可能なので何かと応用が利きそうです。

ちなみにオプションで人感センサーを組み合わせた音声再生や有機ELパネルを使った光るポスターの制作も可能だそうです。

近頃注目を集めているデジタルサイネージよりは単純ですが、流れる映像を見るのではないので、ずっとその場にいなくても、瞬間的に音と絵が頭に入るのでシンプルにお客様に伝えたいことを伝えられるアイテムじゃないかと思いました。

最近では香りを発するポスターも登場しているので、視覚だけに訴えるのでなく、ポスター1枚で五感を刺激することも不可能ではなさそうですね。

音声がどれだけの時間録音できるのか、音声だけを変えることはできるのか等はちょっとわかりませんでしたが、気になるツールでした。
posted by SCW at 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース

2009年06月02日

taspoに続いて

先日、5月31日はWHO(世界保健機関)が定めている「世界禁煙デー」だったそうです。新型インフルでまだ少し騒然としているなか、PRがしっかりと行われていました。

日本では昨年7月から全国でtaspoが導入され、自販機での販売数が減少し(コンビニの売り上げは格段と上がりましたが・・・)、喫煙場所もかなり限られてきたので喫煙者の肩身が狭くなってきています。

S.C.WORKSは喫煙者ゼロですが、クライアントさんやメーカーの方と食事にいくと吸われる方もいます。そして、タバコがなくなると「たばこ持ってる?」「taspoある?」とよく聞かれることがあります。
「持ってません〜吸わないので」と答えると「そっか、じゃあいいや・・・」と、わざわざ買いに行くならtaspoもないしガマンしようという方が増えているように思います。友人なんかでも同じくです。


そんな日本の喫煙者にさらなる追い打ちをかけようと「世界禁煙デー」にWHOは、タバコの箱にヤニで黒ずんだ肺や歯などの写真を印刷することをメーカーに促すよう政府に要請したとニュースになっていました。

2005年に発効した「たばこ規制枠組み条約」では、箱の30%以上の面積に健康被害を説明する警告文を印刷することを義務付けられ、日本もこれに従って警告文を印刷していますが、カナダやブラジル、シンガポールなどはさらに踏み込み、たばこの健康被害を写した生々しい写真を箱に印刷し始めているそうです。
いかにも"毒"を吸っているように思えるほど強烈なパッケージもありました。


現段階ではまだ要請に強制力はないものの、喫煙率の高い“喫煙大国”は今後対応を迫られる可能性があるとのこと。

同じくWHOが先月発表した2009年版の世界保健統計によると、日本の平均寿命は男女平均が83歳で、193の全加盟国の中で単独首位を維持したそうです。

だからという訳でもないかもしれませんが、日本政府はは強く言われそうですね。


御堂筋の歩きタバコもなくなって喫煙者のマナーも良くなってきている今日この頃ですが、遠い将来(?)税金の対策が進んでしまうといよいよタバコがなくなる日がくるのかもしれません。

ヨシイクゾウ
posted by SCW at 19:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2009年06月01日

今週のスタディ! Vol.71


N3.jpg


ホームページのS.C.WORKS MAGAZINE
「スタディ」
を更新致しました!


NEW 今週のスタディひらめき

1)旬の時期様変わり

2)葦(よし)の有効活用

3)昭和の家事を後世に


内容を見る



posted by SCW at 19:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | スタディ!2008-2009