2010年01月13日

えべっさん2010

さて、今年も行ってまいりました!えべっさん。

↓おかえり道となってますが、SCWのえべっさんツアーはいつも南海・難波駅からスタートします。


今年は土・日・祝&不況なので神頼み・・・ということで多くの人で賑わうだろうと思ったのですが、私たちが行った今宮戎神社初日の「宵戎(よいえびす)」は、混雑こそしていたものの若干人が少なく感じたような。

バロメーターは「座れる屋台(広くて席がたくさんある屋台です)」の人の数なのですが、やっぱりお財布のヒモが固くなっているのか座って飲んで食べてという人が少なかったように思います。

SCWは毎年この煌々と明かりを灯す座れる屋台でお腹を満たすのですが、3人でビール3本、やきとり、焼きそば、おでんを各1人前ずつ頼んで4500円くらいしました!
そりゃ、座って飲み食いする人も少なくなるか...

↓これが座れる屋台


それでも3日間で毎年100万人が訪れるというのですからすごいですよね!
しかもえべっさんは今宮だけじゃなく本家・西宮をはじめ各地にたくさんあるのだから相当な人出です。


お待ちかねの屋台の方はというと、今年目立ったのはこの不況を象徴するかのような「ディスカウント屋台」。

屋台=高いというのが常識の中、ちょっとでも安い値段を付けてお客さんを呼び込むところがちらほらありました。

↓特にすごかったのがこの「フランクフルト」の屋台。
150

えべっさんのフランクフルトの相場は200-250円なのですが、このお店は"タイムサービス"と称して150円で叩き売り!

150

すると四方八方から人が集まり、あたりはえらいことになってました。
角地でよかった。
帰り道は200円になってたので空いてましたけど。

他のフランクフルト屋さんはがら空き状態。


ちょっと手前で買っちゃった人はみんな後悔の様子。

↓普通その場で付けるケチャップも、店の外れに「ケチャップブース」があり、そこにも人の群れができてました。
150

こんなとこでも価格競争が起こってたなんて!


そして、今年の「新顔屋台」といえば"ご当地・スイーツ&B級グルメ"。
ちゃんとトレンドを追っかけている屋台、すごいと思いました!

巷で話題の「ブラザーズ」のロールケーキ、名前だけ?の大阪ケーキに東京ケーキ、宮崎の肉巻きおにぎり、静岡の富士宮焼きそば、博多の拉麺バーガーなど、もりだくさん。

↓ブラザーズの戎ロール


↓はじめて聞いた大阪ケーキ




↓それに負けじと東京ケーキ


↓肉巻きおにぎりはホントにたくさんありました!


↓ちょっと色白


↓知事?


↓こっちの方が美味しそうだった...


↓博多の拉麺バーガーに、




↓東京のあげもんじゃ、など。





新顔ではありませんが、定番のクレープもお姉さんたちがパティシエ風の格好をしてキレイに作っている屋台は他とは雰囲気が違いましたよ。
メニューで目立つのもいいですが、売り方で異色を放つというのも効果的ですね。



↓ディスプレイも小洒落た感じで。



そしていつもの珍美術館では今年もいろんな「?!」が鎮座してました。
歴史ブームにうってうけの鎧甲に猛獣たちの剥製、マジンガーZに鉄人28号はリモコン付き。
毎年陳列・撤収ご苦労様です。

↓歴女も釘付け?!


↓今年の主役
虎.JPG

↓ガオーってか?


↓マジンガーZ!


↓鉄人と、


↓リモコン。


↓お父さん風


あとは、くじびきにも流行がたくさん見られました。
昨年は女性に「クマ」が大人気でしたが、王道のリラックマはもちろんスージー・ズーのブーフやケアベアで埋め尽くされた屋台がいっぱいありました。
さすが流行に敏感ですね!

↓王道


↓トレンド-1「ブーフ」


↓トレンド-2「ケアベア」


ポニョの屋台もあり。


お玉ですくう模様。


...何チュウ?



でも、流行りもおさえつつこうした"老舗"もちゃんとあります。

↓堅焼き屋さん




↓とっても柔らかいおもち


他にも七味屋さんやぎんなん屋、乾物屋さんなど。

↓500円の射的は...


↓500円のラムネに。



こんな感じで屋台通りを抜けて、いよいよメインイベント!
神社にたどり着き、『しょーばいはんじょで笹持ってこい!』という歌を聞くと「今年もきたー!」と独特の雰囲気が味わえます。

↓お賽銭、飛び交ってます。






↓福娘たちは今年も美人さんばっかり。
FKM14.JPG

ちなみにこの福娘たち、「FKM14」というらしいです。何かどっかで聞いたようなチーム名...


ようやく裏にまわってドラにたどり着き、今年もしっかりえべっさんに呼びかけて商売繁盛をお願いしてきました。



ちなみに愛しのあの子は今年も行方不明。

↓その代わりにちょっとワルな雰囲気のこの子がいました。



来年はどんなブームに乗っかってくれるのでしょうか!

えべっさんは毎年9日・10日・11日です。

今宮えびすも楽しいですが福男で有名な本家の西宮えびすも行く価値おおありです。

関西ならではのえべっさん、その他の地域の皆さんもこの頃を見計らって是非商売繁盛の縁起担ぎに来て下さいねぴかぴか(新しい)

もちろんナビもしまーす手(チョキ)


過去のレポートはこちらからどうぞわーい(嬉しい顔)
2006年 No.1 No.2
2007年 No.1 No.2
2008年
2009年

posted by SCW at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食い道楽