2010年06月10日

W杯ですね

ようやく待ち待った人も多いサッカーW杯が始まろうとしています。
もちろん日本を応援する人も多いようですが、最近ではサッカー通が増え、世界各国の選手の情報が入ってくるので見所がいっぱいですサッカー

日本代表もようやく現地に慣れている頃でしょうか。期待できるのでしょうか??

しかし、戦術・体力面もそうですが何よりも日本人は日本食がなければ力が発揮できないと思います。



調べてみると、やはり専属シェフが選手の食事や栄養のサポートをしているそうです。

南アでの日本選手の食事は3食とも和食・洋食・中華を織り交ぜたビュッフェ形式で、試合の2日前からは油分をほとんど使わず、炭水化物中心になるのだとか。運動エネルギーとなるグリコーゲンを体内に蓄える「カーボ・ローディング」と呼ばれる食事方法で、試合の4〜6時間前には、おにぎりやうどんなどの軽食が用意されるそうです。


なによりも専属シェフが"切り札"として大量に持ち込んだのが「ふりかけ」ひらめき
「ご飯をたくさん食べてもらうため」なんです。やはり日本人は米ですよね!



余談ですが、「サッカーW杯で勝利が見られるなら、あなたは何を犠牲にできる?」と北米在住のW杯出場国出身者2万人に調査をした結果、イングランド出身者の93%は、優勝できるなら「1週間、食を断つ」と回答したそうです目あせあせ(飛び散る汗)



絶食パワーに負けず、米パワーで世界をアッと驚かせて欲しいです!
ガンバレニッポン!!



ヨシイクゾウ
posted by SCW at 20:29 | Comment(0) | TrackBack(1) | ひとりごと