2010年06月29日

ラー油も食べる!

日曜日、ドラッグストアに行ったのですがその時、見つけてしまいました。

あの、店頭に並ぶとすぐに売り切れてしまう「食べるラー油」!!
(今さらですみません・・・あせあせ(飛び散る汗)

注:桃屋の製品が特に人気ですが今回見つけたのはS&Bのもの。

S&B

食べるラー油に特別な興味は無かったのですが、いざ店頭に並んでいて、残り3瓶しか無かったので、思わず手が伸びてしまいましたたらーっ(汗)

「納豆にも合う!」と書かれていたのですが、それはないだろうと半信半疑で食べてみるとかなりおいしいexclamation

びっくりしました。人気の理由がようやく僕にもわかりました。
ご飯にそのままかけて食べてもおいしいですが、玉子かけご飯などに合わせてみてもよさそう。
というわけで今日は帰りに玉子を買って試してみます。

先日は鳥の足をまるごと焼いてこの食べるラー油をかけて食べました。これもものすごく合います!
これからの時期ならそうめんにトッピングして夏バテ対策にもなりそうですね!


そんなこんなでまんまと食べるラー油にはまった見習いですが、本家である桃屋のラー油も食べてみたいな...といっても、桃屋はつい先日ラー油の品薄のお詫びを出したところ。
ネットで検索しても値段はどこも高騰していて、倍近い値段に手を出すのはさすがに...

そんなこんなで他にないかとラー油を検索していると、ずば抜けて人気のラー油を発見しました!
それは

沖縄生まれの食べるラー油★わったー島とうがらしラー油でーじまぁーさんどう

長い!名前も長いですがその人気も長く続いていて常に売り切れの状態たらーっ(汗)

今販売していたらすぐ買おうと思っていましたが売り切れていました…がく〜(落胆した顔)

もともとのブームの火付け役は石垣島のペンギン食堂のラー油だそうですが、もう名前に"ラー油"とつくだけで何でも売れそうですね。

実際に楽天では、このペンギン食堂の「本」をラー油だと勘違いして購入してしまったというレビューがたくさんあってビックリしました!!

しかし、今までラー油の出番と言えば、「餃子、以上。」でしたが、昔からある調味料の新たな一面に出会うというのは面白いですね。

他にも「○○用」と思っていた調味料の固定観念が取り払われ、一躍ブームになる日がくるのでしょうか・・・?!

posted by SCW at 20:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食い道楽

ガンバレニッポン、ガンバレアフリカ!

W杯で大盛り上がりの連日連夜ですね。いよいよ今日はパラグアイ戦。初のベスト8をかけた侍ブルーから目が離せませんね!

ただ、活気づいた南アフリカですが、やはり豊かな国ばかりじゃないのがアフリカ大陸の現状です。貧しい地区の街並みもTVで目にする機会も多くなりました。ドキュメント番組なんかもこぞってアフリカのどこかの国をピックアップしています。

そんなアフリカ大陸を応援しようと、日本の企業やTV番組なども様々な取り組みを行っていることが最近多くフューチャーされています。



hongkong.jpg

カップヌードル、チキンラーメンでお馴染みの日清食品は「百福士プロジェクト」の一環で、ケニア版チキンラーメンを開発し1日1000食を製造、近所の小学校に無償で配布しているそうです。原料調達・開発・生産・流通・販売まで支援し、雇用の場としても役に立っています。


olyset_ph05.jpg

住友化学では、WHO(世界保健機関)からも使用を推奨されている防虫ネットの「オリセットネット」の製造技術をアフリカ企業に無償供与し、現地生産を行っています。防虫は衛生の問題だけでなく、病気の感染も防ぐ効果もあるので、いまアフリカ大陸でかなり注目されているようです。


20090602_1172709.jpg

野球選手でも、横浜ベイスターズ村田修一選手が「アフリカ野球友の会」の応援団長で「キャッチボールで世界を平和に」を合言葉に様々な活動を応援しています。野球だけでないことの支援もしていてこれも素晴らしいです!




まだまだ、ここに紹介しているのはほんの一部に過ぎませんが、ほんとにたくさんの日本人がアフリカ大陸と関わっているものです。スーパーで売り出されているフェアトレード商品の多くもアフリカのものが多いです。


このW杯を機にもっともっとアフリカの現状をアピールできると良いですね。まずは雇用と教育、そして医療。この3本柱を軸として各国支援が進んでいくと、近い将来アフリカ進出の小売企業も増えていきそうです。季節が間逆なところを利用できると特に食品小売では強みになる気がします手(グー)ぴかぴか(新しい)



ヨシイクゾウ
posted by SCW at 11:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース