2010年09月29日

コラボレーション

広く知られているモノがある日姿を変えて陳列されていると、よく知っているにも関わらず新製品を見るときのような、いや、それ以上の新しさを味わえる気がします。

たとえば、コンビニのおにぎりの棚で見かけるラーメン(味のおにぎり)

コラボ1.jpg

だったり、


カップ麺コーナーで見かけるポテトチップス(味の焼きそば)

コラボ2.jpg


またはその反対(焼きそば味のポテチ)

コラボ2-2.jpg

だったり、


20歳未満禁止のお酒コーナーで見かける子どもの大好きな飲み物(味のサワー)

コラボ3.jpg

だったり、


固形が液体に

コラボ4.jpg

なっちゃったり。


味についての意見は個人差があると思いますが、恐らく「おっ?!」と多くの人の目に留まるのではないでしょうか。

さらに「食」というカテゴリーは同じでも、まったく違うモノを作っている企業のコラボレーションは、同業のコラボよりもさらにインパクト大。
ラーメン屋とコラボするラーメンよりも、スナックメーカーとコラボラーメンする方が注目度は高そうです(再び味はさておき)

近頃そうしたコラボが増えているのも、コラボ=話題性のみでなく

・知っている味=安心感

・知っている商品同士=宣伝費をあまりかげずに済む

ということも理由に挙げられるのだそうです。

確かに、テレビCMをしなくても売場で普通に陳列されるだけでも主張してます。

メーカーの開発の方も、大変そうですがきっとテンション上がるのでしょうね。

そのほとんどの商品寿命は短命ではあるものの、片足でこういう遊び心のあるモノを生み出すというのは、もう片方の刺激にもなって良いのではないかと思います。

そういえばサントリーと花王が特保飲料の共同販促をするというニュースがありましたが、販促だけに終わらず「黒ヘルシア」誕生の可能性も.....?!

...想像しただけでちょっと痩せた気がしました。
posted by SCW at 18:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース

2010年09月27日

今週のスタディ! Vol.131


N3.jpg


ホームページのS.C.WORKS MAGAZINE
「スタディ」
を更新致しました!


NEW 今週のスタディひらめき

1)セブン&アイが仮想商店街

2)化粧品売り上げアップに百貨店、メーカーがあの手この手

3)コメの鮮度、10秒で判定

4)発酵食に魅力


内容を見る

posted by SCW at 09:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | スタディ!2010-2011

2010年09月24日

エキナカ ナカナカ。

昨今のエキナカブーム(?)も様々な変化を遂げ立派な商業施設としての位置を築きあげたようで、お隣のショッピングセンターより「充実感」が有ったりします。

先日、打合せ帰りのエキナカで「エキナカマルシェ」なる催事に遭遇いたしました。

「ほ〜、エキナカとマルシェ。」
名前だけじゃなくて本格的にマルシェっぽい。
※マルシェって安易にネーミングしやすけど実際は....

で、気になって覗いて(?)みると
「Produce by ARROW TREE」アローツリー?矢、木。
後に解ったんですが、同じ構内のエキナカブースでスイーツを展開されているお店でした。

元々は八百屋のスイーツ店。
そりゃ新鮮な野菜果物を日頃から取り扱ってますよね。
販売方法も「市場」っぽい。
規模は大きくないけれど、売り手の思いが伝わってくる立ち寄ってみる価値のある「マルシェ」でした。




因みに先出の社名「アローツリー」やはり社長さんの名前と関係が有るみたい!

梅田の阪神百貨店で見た衝撃的な「ミニトマトのケーキ」や「たまねぎシフォン」もこちらの808スイーツ(やおやすいーつ)のものでした〜。
posted by SCW at 19:48 | Comment(1) | TrackBack(0) | 巷のニュース

2010年09月21日

今週のスタディ! Vol.130


N3.jpg


ホームページのS.C.WORKS MAGAZINE
「スタディ」
を更新致しました!


NEW 今週のスタディひらめき

1)キユーピー、袋ごとレンジで蒸せるカット野菜発売

2)味の素の"だしCafe"

3)食品支援、米不足

4)魚の寄生虫


内容を見る

posted by SCW at 09:28 | Comment(0) | TrackBack(1) | スタディ!2010-2011

2010年09月15日

どちらかと言えば、

こっちの方が飲むプリンかも。

BB

今月1日に新しくオープンした高島屋大阪店・地下1Fのビッグビーンズで売られている「トローリプリン」。

家族がよっぽど気に入ったみたいで、オープン日から連続3日間買ってました。

プリンの域を超えたトローリ具合で、スプーンですくうのも難しいほど。

この食感、是非おためし下さい。


ビッグビーンズは今までもデパ地下にブースで出店されたことはあるのですが、高島屋の店舗はデリショップではなく「デパ地下コンビニ」のような感じで、惣菜・パン・グロサリー・ワインなどが売られています。

例えると紀ノ国屋のOMOや成城石井のVillage、DEAN&DELUCAのようなイメージ。

こういうのって"東京の仕事"と思ってましたが、「大阪・野田のビッグビーンズ発」と思うと、何だか嬉しいです。

周りの惣菜店に比べて値段が少し安めなのがまた良い。

パンは、自社のツールドフランスと、パントリーさんにも置いてあるリバーフィールドのものがありました。

BB

内装も白いタイルと明るい木目がベースでシンプル&ナチュラルで清潔感たっぷり。

人通りが一番多いところに面しているので、是非とも繁盛して欲しいと思います!

BB
posted by SCW at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食い道楽

2010年09月14日

飲めるプリン?

先日、スーパーに行ったときに「飲むプリン」という商品があり、衝動買いしました。



細長い瓶にプリンが入っています。三重県にあるお菓子屋「星安」さんの商品で「飲むプリン 伊賀忍法二味の術」と言う名前です。商品ラベルは売っている地域で違うらしく、本来は飲むプリンとだけ書かれています。

item_41.jpg

この飲むプリン、想像では凄くおいしそうなので期待は大ですが、1つ気になるところが瓶を寝かせてもプリンの型くずれが全く起こっていないこと。

揺れもしないので、むしろ普通のプリンよりも硬いようなたらーっ(汗)
本当に飲めるのか不安でした。

裏面を見てみると、この飲むプリンは飲み方があるらしく、ストローで1/3程すった後に牛乳を入れて振る。とのこと。

この商品だけでは飲むことすらままならない、ますます「飲む」の部分に疑問を持ちつつ牛乳も購入して飲んでみました。

プリンは少し堅めですが、凄くおいしいです!
底のカラメルも甘すぎず、プリンと良くあっていました。


肝心の牛乳シェイクの方は…

DSC01570.JPG
見た目が何とも「アレ」なので、ピントをずらしています。

一言で言えば、プリンだけを食べやすい容器に入れてスプーンで食べたかったです。
期待しすぎた分ハードルが上がってしまいました。


牛乳の他にも、コーヒーやオレンジジュースを入れてもおいしいらしいです。
食後に知ったので何とも悔やまれます。コーヒーの方が合いそうですね。

空いた瓶は一輪挿しに使うとエコにもなりますと書いてあります。


感想は何にせよ、このようなユニークな商品を見つけたらどんどん買い漁っていきたいと思いますexclamation

なにかユニーク商品の情報があれば教えていただけると皆さんの代わりに試食(毒味も?)を行いますので、情報提供よろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)



ニューホープ
posted by SCW at 19:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食い道楽

2010年09月13日

今週のスタディ! Vol.129


N3.jpg


ホームページのS.C.WORKS MAGAZINE
「スタディ」
を更新致しました!


NEW 今週のスタディひらめき

1)SCのようなSA

2)居酒屋多様化でセルフも

3)エアフライヤー

4)"人工木陰"で都市冷やせ


内容を見る

posted by SCW at 10:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | スタディ!2010-2011

2010年09月11日

レアなドーナツ



先日、店舗に大きなベーグルが飾ってあるのが特徴的なベーカリー「Heart Bread ANTIQUE」のスイーツに特化した別業態「Love Sweets ANTIQUE」の人気スイーツ、「とろなまドーナツ」を戴きましたexclamation

DSC00010.JPG
「とろなまドーナツ」と「となりのチーズリング」

このとろなまドーナツ、全12種類ありますが今回はクリームチーズ・ショコラ・フランボワーズとマンゴーの4種類。

DSC00008.JPG

以前、クリスピークリームドーナツの記事を書いた時に「持っているだけで崩れそう」と表現したのですが、これは本当に持ち上げられませんでしたたらーっ(汗)

とにかく柔らかい!逆に「良く形を保てるなぁ」と感心してしまうほど。
容器を持たないと食べられないほどでした。スプーンで食べるのが正しい作法なのでしょうか?

ドーナツと言うよりはババロアに近い食感で、あっという間に平らげてしまいました。

現在大阪には店舗が無く、近鉄阿倍野橋駅の東口で期間限定で販売をしていますが、13日までなので近所にお住まいの方は急いだほうがいいかもしれません。

でも、15日からは大丸梅田店でも販売しますので、予定が合わない方はご安心をひらめき

ANTIQUEでは、「とろなまドーナツアイス」なるものも販売しているので、催事がある内にもう一度は食べておきたいですexclamation


ニューホープ
posted by SCW at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食い道楽

2010年09月09日

暑い日に冷凍酒!

先日、珍しいお酒を頂きました。日本酒なのですが「銀河鉄道」という銘柄でシャーベット状の冷凍酒でした。


ginga_1087.jpgginga_gurasu.jpg


少し前に流行った冷凍酒かと思いきや、酒造から10年冷凍で寝かしているので透き通ったままの綺麗な色で、もの凄いコクと芳醇!!

甘みとコクが強く、お酒の苦手な方も通の方でも味わえるものでした。
美味しい割烹料理に美味しい日本酒。日本人に生まれて良かったなと実感。



最近は世界的にも日本酒が有名で「SAKE」として親しまれています。

しかし、昔ながらの職人さんは国外へ広めるのが下手な模様。。品評会や国際見本市に呼ばれては大賞を取って広まるといったケースも多いようです。

世界最大級のワイン品評会、インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)がロンドンで一昨日の7日にあったようですが、日本酒部門の最優秀賞「チャンピオン・サケ」という賞もあるそうです。ワインと同じくヨーロッパでも主流なお酒の一つになりつつあるのかもしれません。



なにはともあれ、暑い時期(昨晩は涼しかったけど)に「銀河鉄道」オススメです。
あまり取り扱いがないかもしれませんが、常連客用に隠し持っているお店があるかもですひらめき


ヨシイクゾウ
posted by SCW at 14:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食い道楽

2010年09月08日

水でダイエット! ホントに!!


写真素材 PIXTA
(c) jazzman写真素材 PIXTA


「朝起きたら水を」
「一日に○リットルの水を」
などなど、昨今の"水へのこだわり"に比例するように、様々な「健康法」が巷に定着しつつあります。

が、ここに来て「ダイエット効果」なる最強のテーマがアメリカで発表されました!!!!

しかもとても簡単。
それは、

『食事前に二杯の水を飲む』というだけ。
・・・え?怪しいですか?

1日3回の食事すべてにおいて、食事前に水をコップ2杯分飲んでおくと体重を減らす効果があるそうです。

ただし、効果が現れるのは「中年以上」の人なのだとか。
理由は、若い人に比べて胃腸がからっぽになるまで時間がかかるようになるからと言われています。
水が長いことお腹の中に留まるので満足感が長いから、というわけ。


バージニア工科大の栄養研究者、ブレンダ・デービー氏が「3ヶ月間・中年および高齢者」に限定して実験した結果明らかになったそうですが、その実験結果は、水を飲まなかったグループに対し、水を毎食事前に飲んだグループの方が5ポンド(約2.2キロ)ほど体重が減少したそうです。

さらにこの水を飲む習慣を続けたところ、1年が経過した時点でもリバウンドすることなく体重をそのまま維持できたとのこと。

その他、ある研究結果によると「1日当たり1リットル以上の水を1年間飲んでいる若い人」の方が、そうでない人よりも体重が減少することも分かっているそうです。

また、単に水をたくさん飲むから、砂糖たっぷりのジュースなどを飲む機会が減っているため・・・というのも原因かも知れないそうです。


・・・マジですか!?

画期的!お金かけずにダイエット!
「黒○龍茶」に頼らなくていいかも。


by メタボあせあせ(飛び散る汗)
posted by SCW at 20:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース

2010年09月07日

ドラッグ in コンビニ

先日、遅ればせながらドラッグの入ったコンビニを初めて見ました。


写真素材 PIXTA
(c) プーチン写真素材 PIXTA




晩19時頃に1度入った時は普通に買えたのですが、23時頃に再度行ったらシートが被せてあって買えない状態に。やはり深夜の扱いはできないようです。


近所にドラッグストアがないので、コンビニにあると非常に助かるのにな・・・と指を加えるばかりでした。



ちなみに近所のセ○ンイ○ブンでは、ドラッグより先に野菜の扱いが始まりました。
スーパーより高く、物が小さく、催事台に申し訳程度に置かれているだけですが・・・。


ロー○ンストア100が横並びにあるので、負けるのを見越した潔い展開(?)ですふらふら


ヨシイクゾウ
posted by SCW at 19:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2010年09月06日

今週のスタディ! Vol.128


N3.jpg

ホームページのS.C.WORKS MAGAZINE
「スタディ」
を更新致しました!


NEW 今週のスタディひらめき

1)セブンイレブン8品目105円均一

2)宅配便は地下鉄で 札幌市で社会実験

3)傷もの果実でリキュール

4)どら焼き、あんは県産野菜


内容を見る

posted by SCW at 09:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | スタディ!2010-2011

2010年09月01日

おいしさのデザイン

少し前の物ですが、SPA-DE Vol.11より引用

SPA-DE.jpg


商品・雰囲気・サービスは店舗の集客力を左右する3大要素である。

レストランなら、おいしい料理・居心地のよい空間・行き届いたサービスとなり、ブティックなら、先端的品揃え・それを包むステージ性・アドバイザーたる店員の磨かれたセンス、などであろう。


一方、食品店はどうか。


よい商品と商品知識のある店員は必要としても、雰囲気の方は一般に多くを求められていないのではないか。

この違いは、レストランやブティックには適度に込められた非日常(デザイン)が大切な味付けとなるが、食品は本来、より日常的な「即物性」が求められているからであろう。

人は往々にして、ピカピカのショーケースの中に祭り上げられた魚よりも、水揚げされて木箱に入ったままの魚を好む。


食品店には付加価値としての雰囲気づくりは必要ないのだろうか。


いや、今日のわれわれのライフスタイルと食品流通を取り巻く二つの流れが、むしろ空間デザインの必要性を高めているように思える。

一つは、ショッピング行動のレジャー化傾向である。

日々の買い物は暮らしの必要性を満たすというよりも、買い物自体を楽しむ要素の方が大きい。

いわゆるショッピング施設の時間消費型化である。これにともなう雰囲気づくりに空間デザインは欠かせない。

もう一つは、食品流通のグローバル化と細分化傾向がもたらす売り場の差別化の必要性である。

例えば最近エコの観点から叫ばれる「地産地消」のコーナーひとつとってみても、デザインを駆使して売り場の性格をアピールする交通整理が必要になってくる。


食品売り場のデザインの本質、それは「おいしさのデザイン」に他ならない。


味覚をそそる色とグラフィック、照明、見やすく手に取りやすい什器、比較購買がスムーズなソーニングと導線、それらが空間デザインの中で統合されて初めてよい売り場ができる。 ----引用ここまで


買い物行動の中で、"意識する"「商品」と「サービス」、それを引き立てる"無意識"の「空間」。

どうすれば、よりよい「おいしさのデザイン」ができるのか。
今日届いたチェーンストアエイジ2010.9.1号の「ビジュアル・マーチャンダイジング」特集も参考に、今一度「店づくり」についてSCW全員でじっくり考えたいと思います。
posted by SCW at 09:05 | Comment(0) | TrackBack(1) | ひとりごと