2010年11月30日

in U.S.A. vol.2

前回に続きまして、U.S.A.日記のvol.2です。


今回は、アメリカの中南部アーカンソー州・ベントンヴィルという所へ滞在しました。

詳しい方はすぐピンとくると思いますが、ベントヴィルと言えばWalmart

スーパーマーケットに関わる仕事をしている僕にとっては驚きの偶然だったのですが、たまたま親族がベントンヴィルのWalmart本部で働いているので、これを機に色々と教えてもらいました。


ベントンヴィルという街は、数十年前まで人口1万人にも満たない小さな街だったのですが、1970年にWalmartの本部が出来てから大きく変わったそうです。
そこから現在まで人口は増え続け、今では約3万人超え。ちなみにその3分の2以上がWalmartでの勤労者(世界一の従業員数!)および、Walmartの関連企業の人だそうです。

本部も広かったのですが、インターナショナルの本部や流通センターが隣接し、商談に来る人の為のホテル街があるほどでした目

そして、その周辺に飲食店が集まり街を形成しています。
ベントンヴィルはWalmartあっての街のようです。


そんな本部前のWalmartに帰国前夜に行ってきましたひらめき
24H営業の店舗はアメリカでは大変珍しく、需要があるようです。



↓暗いですが外観↓

R0015744.JPG



撮影許可を得て店内も少しだけ撮らせてもらいました。
↓店内はこういったディスカウント店の仕様↓

R0015752.JPG

食料品以外に日用品から、衣料・家具・電化製品...etc 様々な商品が揃っています。





↓WalmartのPB "GREAT VALUE"↓

R0015790.JPG

あちこちに散らばり、NBと隣り合わせで売られています。





ゴンドラの高さが高すぎたので最近、全店低く(2m弱)したとのプチ情報も聞きました。





↓医療品のPB"equate"↓

R0015792.JPG




↓夜間は閉まっていますが、処方箋の受渡口↓

R0015772.JPG

$4で処方箋薬(約2400種)の1ヶ月分をジェネリック品(同成分の無ブランド品)で受け取る事が出来ます。
医療制度の整っていないアメリカでは診察だけでも大金がかかるので、この$4処方箋は格安で市民の支持を得ています。



↓レジのサッカー方法も日本とは異なります↓

R0015794.JPG

と、広すぎる店内を紹介し出すとキリがありません・・・。

アメリカのスーパーに初めて訪れた僕には全てが新鮮でしたが、売上高世界最大の企業だからこそのエブリデーロープライスは流石でした。




次回は、日本では驚いてしまうような"おまけ記事"を書こうかと思います目



ヨシイクゾウ
posted by SCW at 08:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2010年11月29日

今週のスタディ! Vol.140


N3.jpg

ホームページのS.C.WORKS MAGAZINE
「スタディ」
を更新致しました!


NEW 今週のスタディひらめき

1)ファミマと毎日新聞が宅配事業の実験を開始

2)関空からの輸出品に補助金

3)有料レジ袋、どこまで広がった?

4)カモネギならぬカモコメ


内容を見る

posted by SCW at 10:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | スタディ!2010-2011

2010年11月26日

in U.S.A.

私事ですが、妹の結婚式に出席する為に
アメリカ(アーカンソー州)
へ数日行かせて頂きました。

フライト時間も長く、早朝の始発で家を出発してから16時間・・・延々と移動。クタクタになりながら、ようやく着いたのが現地時間の13:00。

これから一日が始まるの!?という変な感覚と、時差ボケをもろに受けてしまいました・・・わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)



妹夫婦と叔母の家へ滞在したのですが、余り余るほど土地が広ければ、家、人も大きいexclamationexclamation

R0015597.JPG

小学生の頃に一度来ましたが、まったく違った感覚で新鮮でした。
我々、日本人がいかに小さく"きゃしゃ"かが良く分かります・・・。




もちろんよく食べますので、一家に冷蔵庫は2台。保存用と生活用。

↓キッチンがこれでも狭い方だそうです。。↓
R0015552.JPG




さらに、
↓基本的に1,2坪ほどの"ウォークイン食料庫"のようなものがあり↓
R0015548.JPG




↓庭が広いのでほとんどの家に家庭菜園があります。↓
R0015593.JPG




また、
向こうのお父さんは、日曜大工&庭の手入れが週末のオシゴト。

↓落ち葉を片付け、芝を刈るのが習慣になってます。↓
R0015594.JPG

"ゆっくりビール飲みながら、ゴロゴロしてゴルフ番組を見る"といった時間はなさそうですねたらーっ(汗)




とまあ、生活の違いを比べ出すとキリがありませんが、
よく食べる分、いっぱい溜め込めるので 日本のように毎日スーパーマーケットへ行く必要がないとのこと。
(生ものをあまり食べる習慣がないこともあるのかと思います)


週末にドッと買いだめするのが普通です。
牛乳もジュースも1ガロンボトル(約3.8リットル)が一般的。
凄いですあせあせ(飛び散る汗)


炭酸飲料やビールは気が抜けるので、どこへ行っても600ml程度のペットボトルや、缶かビンが主流でした。
※ビールは日本の銘柄でも、現地生産なので向こうの味 (味が濃くて甘め) だったのを覚えています。



次回は、Walmartの本社本社前のWalmartへ行ってきましたのでUPしようと思いますひらめき


ヨシイクゾウ
posted by SCW at 18:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2010年11月22日

今週のスタディ! Vol.139


N3.jpg

ホームページのS.C.WORKS MAGAZINE
「スタディ」
を更新致しました!


NEW 今週のスタディひらめき

1)マック、大阪でエコ実証店舗

2)ボージョレ・ヌーボー ペットボトル入り、今年限り?

3)クリスマスケーキ商戦 百貨店”ロールケーキ元年”


内容を見る

posted by SCW at 09:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | スタディ!2010-2011

2010年11月19日

一方通行の使い勝手

4年前から大阪に住んでいるのですが、今までずっと疑問だった大阪のヒミツが解決しました!


それは、大阪の主要な大通り(御堂筋・堺筋・四つ橋筋・松屋町筋)がなぜ一方通行なのかと言うこと。

大阪.jpg

メインとも言える御堂筋は6車線もあるので、常々2車線ぐらい逆車線でも…などと思っていました。


若葉マーク + 大阪の地理に不慣れな僕は、一度松屋町筋を車で逆走してしまったことがあります…がく〜(落胆した顔)
(本当に事故にならなくて良かったです。)

その時は夜だったのですが普通に運転していると、おびただしい数のヘッドライトがこちらに向かってきて、「これはただごとじゃないぞあせあせ(飛び散る汗)」と思い脇にあった駐車場に避難すると、ヌーの大移動のような車の群れが通過していきました。

ヌー.jpg
(イメージです)

一方通行と知らない人が大阪をいきなり走ると、このような事になることもあります。(僕だけでしょうか?)



話を戻しますが、なぜ一方通行になったかと言うと、時代はさかのぼり40年前の1970年の大阪万博になるそうです。

かなりの人数が来るであろう都心部での交通渋滞の緩和と事故防止の対策として一方通行規制を行ったのが始まりだそうで、それまでは双方向通行だったとか。現状しか知らないので全然信じられません。

この大胆な交通規制のモデルとされているのはアメリカ・ニューヨークの中心部、マンハッタンを見本にしたと言われているそうで、碁盤の目のような道路の作りが、マンハッタンと似ている所からだとか。

全国でも異例の取り組みに、影響も大きかったようで、たまに歌でも歌われています。ドリカムの「大阪LOVER」とかもそうですね。

当時ではベンチャーズの「雨の御堂筋」という曲でも歌われていたそうです。


僕は事故を起こしそうになりましたが、この取り組みで渋滞は4分の1、事故は3分の2にもなったそうです!

これはかなりの効果を持っていますねわーい(嬉しい顔)




ただ、40年もたつと時代の流れも変わります。

以前より御堂筋を利用する車の量が減って、代わりに自転車の量が7〜8倍になったそうで、それにより自転車と自動車の接触事故が増えている事が問題になっているそうです。


反対もあると思いますが、思い切って双方向通行にしてくれた方が色々な所にアクセスしやすくなって、ミナミがより活性化するのではないだろうかなと素人目線では思います。

御堂筋を北側から来た人が回り道無しで大丸に行ける日を夢見てexclamation



ニューホープ
posted by SCW at 20:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2010年11月15日

今週のスタディ! Vol.138


N3.jpg

ホームページのS.C.WORKS MAGAZINE
「スタディ」
を更新致しました!


NEW 今週のスタディひらめき

1)ユニー、循環型総菜パン

2)佐渡島の全コンビニ、レジ袋有料化

3)デイルズフォード・オーガニック

4)道頓堀・中座ビルに”道頓堀畑”


内容を見る

posted by SCW at 10:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | スタディ!2010-2011

2010年11月11日

THE 台湾

この時期、台湾では柑橘類が沢山出回っております。

中には、「こ、これは!?」って物もありますが、あちらではごくごく普通。
それがこれ。

晩白柚.jpg

デカっ!

斗六白柚.jpg

「六斗白"柚"」という品名なので、まさか「ユズ?」と思ってであちらの店員さんに何かと訪ねると.....

「ゆずです」。

.....っえええ!!?これ、ユズなの? デカっ!
その瞬間、頭の中では馬鹿でかい焼酎のゆず割りの絵が浮かびました。


が・しかし、そんな馬鹿なです。
異国ということもあって、雰囲気で店員さんの言葉を鵜呑みしてしまいましたが、実はこれは「ザボン」の一種。
世界で一番大きい柑橘類「バンペイユ(晩白柚)」というものです。日本に帰ってから調べました。
熊本県八代の特産品でもあります。
※そもそもはベトナム原産ですが、1930年頃に台湾から熊本に渡ってきました。

しかし、でかい。
「普通」に食べる台湾では、何日くらいで消費するんだろうか。


また、フルーツ大国の台湾とあってこんなお店もあります。

木瓜牛乳.jpg

こちらは「彰化木瓜牛乳大王」。

「木瓜」は日本だと「ボケ(植物)」ですが、あちらでは「パパイヤ」のことです。
木瓜牛乳=つまり、パパイヤミルクのお店。
※「彰化」は地域の名前

ジュース.jpg

パパイヤミルクは濃厚でパパイヤが前面に主張してきます。
地元の方がイチオシされるだけあり、美味でした。

こちらのお店、壁には県知事や大統領の来店写真が飾られているほどの有名店で、もちろん台湾定番の「かき氷」もハンパ無いフルーツ&トッピングです。

大統領.jpg

かき氷.jpg

異国の食文化を知るのは楽しいですね。
次に行くときは、もっとすごい物を見つけてきたいと思います!
posted by SCW at 15:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食い道楽

2010年11月09日

面倒臭がりな人必見!

本日は久しぶりに便利商品の紹介をしたいとおもいます。


皆さん自宅などでくつろいだ姿勢でパソコンをいじりたい時ってありませんか?

みんなで集まって写真や動画を見る時などもそうですね。

キーボードを使う時はしょうがないかもしれませんが、しょっちゅう動かすマウスのせいで寝転がったり出来ず、テーブルなどに張り付きっ放しになるのは凄く面倒ですよねたらーっ(汗)

そんな悩みを解消してくれる画期的な物を見つけてしまったので、紹介させて頂きます。

その名は、「ミニミニ USB トラックボール

マウス.jpg

USBと比較して、大体の大きさは分かると思いますが一応使用イメージも。

マウス2.jpg

ビックリするぐらい小さくないですか?

重量で言うと20グラムだそうです。20グラムと言いますと、水に戻した干しシイタケぐらいです。(よけいわかりづらいですかねあせあせ(飛び散る汗)

しかも、Macの旧マウスなどにも付いているトラックボール式なので、テーブルのような平らな場所を必要としませんexclamation
(新型の光学センサー式もあります。)

これなら寝転がりながらでも快適操作ができます!

有線式なのがネックですが、現在有線式のマウスを使っている方なら、かなりの満足を得られるのではないかと思います。

これで何かガッツリ仕事をする!というと殴られそうですが、家庭内で使用する程度なら全然問題無いと思いますので、一度ご検討なさってみてはいかがでしょうか。



ニューホープ
posted by SCW at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品情報

2010年11月08日

阪神百貨店

かれこれ数年、社会人になって自炊が当たり前の生活が続いています。
仕事終わりや晩に予定があっても、ほとんど自宅で食べてから出掛ける程です。


特に我が家で大活躍の土鍋では、

鯛飯
IMG_7101.jpg

ひつまぶし
hituma.JPG

松茸ご飯
matuta.JPG

と、贅沢をするには欠かせない存在です。


水量と蒸らす時間などを調整して、コツを掴めばオコゲもなんのその。
白飯もすごく美味しくふっくら炊けるので、皆さんにもオススメです。




そんな我が家の台所といえば、阪神百貨店。
上記のウナギも松茸も、2つで1000円(国産も有)なんて破格の時間帯があります。。

もちろん普段は近所のスーパーに通っていますが、阪神百貨店の閉店間際セールには度肝を抜かれます。


200702201745000.jpg


今や青果売場の名物とも言える、野菜の抱き合わせ売りでは、
(時間がくると、竹ざるに色んな野菜をまとめてテープで一括りして200円で販売)

500円超えの抱き合わせは当たり前、1000円を超える商品が200円になるので、テープをくくる前にお兄さんの手から分捕り合戦が始まる始末・・・(苦笑)

お陰様で野菜の多い食卓に満足していますが、お兄さんの笑顔は一度も見たことがありません。




季節の催事や、物産展も強い阪神百貨店ですが、この地下の食品売場の土台がしっかりしているからこそですね。

うちの嫁さんもタイムセールで競り勝った時は、誇らしげに鼻息荒く帰ってきます・・・頼もしい限りです(笑)


もし梅田付近へ20:00頃においでの際は、一度行ってみて下さい。



ヨシイクゾウ
posted by SCW at 19:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

今週のスタディ! Vol.137


N3.jpg

ホームページのS.C.WORKS MAGAZINE
「スタディ」
を更新致しました!


NEW 今週のスタディひらめき

1)フェリシモ、鮮魚事業に参入

2)食材、絵文字で 戒律、心配ご無用

3)ソニー、電子看板で新技術

4)スマート・ネットワークプロジェクト


内容を見る

posted by SCW at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スタディ!2010-2011

2010年11月05日

世界を救うジャガイモシリーズ!? 第二弾

前回、「ビリビリポテト」という栄養豊富なジャガイモの記事を書いたのですが、我らがジャガイモ様は、それだけでは終わりませんexclamation

今回はなんと、ジャガイモで水不足を解消しようという壮大な計画が進んでいるとのことです。

実行しようとしているのは、『海外のポテトチップと言えば!』というくらい有名な、WalkersやLay'sを製造しているPEPSICOです。
ちなみにペプシコーラも同社のブランドです。

walkers.jpg
パッケージ。見たことがある人は多いのでは無いでしょうか。

そのPEPSICOは、膨大な量のポテトチップスを工場で製造する過程でジャガイモから出てくる水蒸気を回収し、工場内の水源につかおう!
と考えたそうです。確かにジャガイモの大半は水分で出来ているので、それを無駄にすることなく循環出来るとかなり効率的ではないでしょうか?

まだまだ実験段階なのですが、一つの工場でテストしてみたところ
1時間で3000リットル
もの水を回収出来たそうです。



PEPSICOは他にも様々な取り組みを行っていて、今後5年間で水(水道水)の使用量と二酸化炭素排出量を50%削減することを目標に掲げています。


賞味期限切れの食べ物などを動物の資料に再加工する取り組みは増えて来ましたが、製造段階で出てくる「もったいない」は結構見落とされがちな気がします。

そこに目を付けたPEPSICO。これを機に製造段階で排出してしまう資源を再利用しようとする企業が増えるのではないでしょうか。


ニューホープ
posted by SCW at 08:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース

2010年11月04日

新旧ヨーカドー

IYチラシ.jpg

地元のイトーヨーカドー堺店が閉店します。
老朽化&賃貸契約終了で閉店が決まったようですが、予想もしていなかったのでとてもビックリしました。

26(訂正)24年間当たり前のようにあった存在がなくなると思うと、切ないですね。。。
それほど離れていない場所に津久野店・アリオ鳳があるものの、主要駅前立地の堺店がなくなるのは非常に残念です。

後継店舗もなかなか話が進まないようで、堺の南海本線側はついにGMSが皆無・・・。
日用品や衣料品を買えるお店がないので、遠くまで買い物に行けない方々は不便しているんじゃないかと思います。
決して山奥ではなくても、買い物難民はいるのではないでしょうか。


---- そして話は変わって、先日東京へ行った際に「イトーヨーカドー阿佐ヶ谷店」に寄りました。

IY鳩.JPG

こちらは10月1日にオープンした新店。
ヨーカドーの"小型店1号店"ということで新聞や雑誌でも話題になっていましたが、どうもいまいちイメージが沸きませんでした。
一時流行った簡素なコンビニ風スーパーみたいな感じかな?と思っていたのですが、買い物に行った人から「高級なジャムが置いてあった」「10万円くらいするワインがおいてあった」という話を聞いてますます?????に。

でも、実際行ってみて「あぁ、こういうことか!」と解決。
想像していた安っぽいイメージではなく、全部が”キチンと”していて「日常的な物」と「ちょっといい物」と「セブンプレミアム」がバランス良く並んでおり、プレスリリースにあった”上質と手軽さ”という言葉がぴったり当てはまる感じです。

小型店というだけあり売場面積は265坪と小さめですが、いたるところで試食販売をしていてるのにびっくり。惣菜コーナーのおでんにも人がつきっきりでした。お弁当コーナーにはデパートに並ぶような物もたくさん。照明の効果もあってか、とても見栄えがしました。
全体的にすべてがちょうど良い感じで、こんなスーパーが近所にあったら嬉しいなと素直に思いました。


阿佐ヶ谷みたいな新しい提案は嬉しいけど、慣れ親しんだ店がなくなるのはショック。
新旧ヨーカドーに想いを抱く今日この頃です。


余談:阿佐ヶ谷のお隣・吉祥寺駅のアトレにも行ったのですが、こちらにはオープンして間もない「ザ・ガーデン」「成城石井」「ディーン&デルーカ」「イータリー」といった高質ショップがずらりと。
そして駅前商店街の中の伊勢丹跡に10月16日オープンしたコピス吉祥寺にも高質スーパーの「三浦屋」さんが入ってます。
吉祥寺には初めて行ったのですが、すごいパワー(?)を感じました!
posted by SCW at 14:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 店舗視察

2010年11月01日

今週のスタディ! Vol.136


N3.jpg

ホームページのS.C.WORKS MAGAZINE
「スタディ」
を更新致しました!


NEW 今週のスタディひらめき

1)食品再生、コスト4割減 日本アクセスとベイシア

2)キーワードは”立ち食い”

3)自宅周辺スーパーのチラシ簡単検索 サイトが新装

4)米育てるLED照明、ウシオライティングと昭和電工


内容を見る

posted by SCW at 10:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | スタディ!2010-2011