2011年03月28日

今週のスタディ! Vol.156



震災から半月以上が経過しました。
この震災で、普段考えることもなかった様々なことに気付かされました。

今日のスタディで取り上げた「ペットボトルのキャップ」一つにしてもそうですが、建物の耐震だけじゃなく、そうした細かいことについても自然災害の多い日本ならではの取り組みが必要なのではないか、など。

また、スーパーマーケットを始め小売業の存在の大きさも改めて感じました。
私たちも、“人々の命を守るスーパーマーケット”という存在を介して、1日も早く被災者の皆様が元の生活を送れるようお手伝いしたいと思います。

***

ホームページのS.C.WORKS MAGAZINE
「スタディ」
を更新致しました!

N3.jpg


NEW 今週のスタディひらめき

1)生協、ラベルのない飲料水増産

2)ミネラル水の増産ピンチ、工場被災でキャップ不足

3)元祖たこ昌、常温で半年保存の果物ギフト

4)黒門市場で“100円商店街”

内容を見る

posted by SCW at 11:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | スタディ!2010-2011

2011年03月22日

今週のスタディ! Vol.155


ホームページのS.C.WORKS MAGAZINE
「スタディ」
を更新致しました!

N3.jpg


NEW 今週のスタディひらめき

1)大丸梅田店、増床部分オープン

2)計画停電、冷凍食品はどうなる?

3)米粉の次は“大豆粉”

内容を見る

posted by SCW at 10:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | スタディ!2010-2011

2011年03月14日

被害に遭われた皆様へ

この度の東日本大震災により被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
また、この震災によってお亡くなりになられた方々には無念の思いでいっぱいです。心よりお悔やみ申し上げます。

テレビで見るすさまじい被害の様子に、ここが日本かと呆然と見つめる日々です。

引き続き余震に対して油断を許さぬ状況の中、未だ行方不明の方も多く、ご家族・ご友人知人の安否が確認できない方にとっては不安な時間が続くと思います。
目の前の惨事に目を背けたくなると思いますが、どうか前だけを見つめてご家族や回りの方々と助け合い、支え合ってもらいたいと思います。



こちら大阪ではいつもと変わりない月曜の朝を迎え、普通の日常を送れていることに違和感を感じます。
遠く離れた地で今は何をすることもできないことが心苦しいですが、とにかく一日も早く皆さんの元に平穏が戻ることを祈っています。

現地の皆さんの苦しみは過去に大きな震災を経験した私たちでさえ計り知れないと思います。
でも、必ず明日は来ます。今はそれがいつになるのかは分かりませんが、どうかどうか乗り越えて下さい。

同じ被災者の立場でありながら人々のために店を開け商品を売る人、ガソリンスタンドでひっきりなしに来る車に手動でガソリンを入れる店員さんの姿、皆さんの強さにこちらが勇気づけられました。

時を待ち、微力ながら出来ることからお手伝いしたいと思っています。

どうか、強い心を持ってみんなで頑張りましょう!!

今週のスタディ! Vol.154


ホームページのS.C.WORKS MAGAZINE
「スタディ」
を更新致しました!

N3.jpg


NEW 今週のスタディひらめき

1)日清食品、カップ麺100万食など提供

2)ローソン、チルド弁当発売

3)苦みが少なくピーマン臭もない“こどもピーマン”

4)“ペット貸し出し”ホテルが人気

内容を見る

posted by SCW at 09:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | スタディ!2010-2011

2011年03月07日

今週のスタディ! Vol.153


最近ブログの更新が滞ったままですが、もう少ししたら復活します!

ホームページのS.C.WORKS MAGAZINE
「スタディ」
を更新致しました!

N3.jpg


NEW 今週のスタディひらめき

1)アサヒ対キリン、レストランで注文数競う

2)こんにゃくがマグロのネタに変身?

3)花粉症は“シーズンイベント”

内容を見る

posted by SCW at 09:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | スタディ!2010-2011