2011年05月31日

食の安全

「フクシマ」以降の食品に対する日本の事情は変わりつつありますが、やはり日本は食文化で世界をリードしていることに違いありません。
だからこそ、風評によるジャパンブランドの衰退(途上国の躍進か?)や復興までの不安感、景気減退、等々の困難を乗りきって「強い日本!」を早く実感したいです。


さて、弊社の仕事でも馴染みの深い台湾ですが、なんと先週に食の大スキャンダルが発覚しました。

みなさん「DHEP」ってご存じですか?
可塑剤DEHP(フタル酸ジ-2-エチルヘキシル)


これ、有毒の発ガン性物質でプラスチックやビニールの加工時に使うやつ。
柔らかくしたり、均一に混ぜた状態が維持できるようにしたりすることが出来るらしい。

詳しくはこちらを Wikiリンク
フタル酸ビス(2-エチルヘキシル) - Wikipedia

これが、現在台湾で市販されている多くの食品や飲料(有名どころ)、ジャム・ゼリー、果汁粉末、それに錠剤の薬やカプセル等々に起雲剤として混入されていることが発覚されました。

台湾では連日大騒ぎらしいですが、日本ではほとんど報道されていません。
が、よくよく探してみたらありました。サラッと紹介程度で。

発がん性物質入り台湾製飲料、中国本土輸入分を回収へ―中国 (Record China) - Yahoo!ニュース

仕事でも縁のある台湾での出来事ということもあり、「フクシマ」同様、我が国のことと思い心配しております。
中国での「爆弾スイカ」のようなことは決して起こしてはいけません。

レコードチャイナ:畑でスイカが爆発!「最新の食品安全スキャンダル」は生長調...

いや、あってはならないのです。

私自身台湾が大好きです。台湾ブランドを応援しています。
でも風評による「ひとくくり」のイメージダウンは計り知れない事でしょう。
日本同様これからが「試される」時期になると思いますが、粘り強く、真面目にこつこつとを忘れずに「立ちあがれ台湾!」ってエールを送ります。

もちろん私たちも
「みていろ世界!これが日本だっ!」って言えるように前進あるのみです!

写真素材 PIXTA
(c) Rich氏写真素材 PIXTA
posted by SCW at 19:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース

2011年05月30日

今週のスタディ! Vol.165


ホームページのS.C.WORKS MAGAZINE
「スタディ」
を更新致しました!

N3.jpg


NEW 今週のスタディひらめき

1)セブン&アイ、夏ギフトで初のグループ共同企画

2)花王、洗濯後に発生する衣類の悪臭の原因菌を解明

3)“だれでもトイレマップ”、神戸市が作成・配布

4)水田お助け隊、田植えに出動

内容を見る

posted by SCW at 09:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | スタディ!2010-2011

2011年05月26日

グリーンカーテン

グリーンカーテンをご存知でしょうか?

↓こんなものです↓

gcDSC_7613.jpg

大手ショッピングセンターで目にされていますでしょうか。


昔から有りましたが、公共施設 (小中学校、市民会館など)、マンション、商業施設、最近では路面店のアパレルショップでも事例が有るほど。窓ではありませんが、壁面緑化の一環としてスーパーマーケットでも導入事例が増えています。


メンテナンスの面では多少危惧されますが、見た目にも"エコ"感があり、日光を遮り室内温度を下げることで空調の消費電力を抑える効果が謳われています。



そんなグリーンカーテンですが、本日のニュースで、すかいらーくグループが今夏の節電に向け南や西向きの窓の面積が大きい店舗にゴーヤのグリーンカーテンを導入するとの記事がありました。

gouya1.jpg

このゴーヤは原発事故の風評被害で生産量が落ち込んでいる茨城県鉾田市のものだそうです。東京電力管内にありグループ全体の8%に当たる302店が対象で、1万株の苗を窓際に植え込むようです。

なぜゴーヤ?メニューでも使うのかな?とも思いましたが納得です。良い取り組みだと思いました。



今や"省エネ"という言葉を聞かない日は無いほどです。

いまお手伝いさせて頂いている物件ももちろんそうですが、S.C.WORKSでは店舗デザインだけでなく、建築設計さんと一緒に照明計画やハードの面での省エネ、ランニングコスト減となる取り組みをしています。

様々な形で、企業スタイルにマッチ出来る提案が出せるよう頑張ります手(グー)ぴかぴか(新しい)



ヨシイクゾウ
posted by SCW at 19:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース

2011年05月25日

口コミ


写真素材 PIXTA
(c) tearoad写真素材 PIXTA


失敗や後悔を極力避けたいので、初めての買い物や食事をする前には必ず口コミをチェックする派です。

ネットで調べることが大半ですが、「MONOQLO」という雑誌も見ます。
ご存じの方も多いと思いますが、なかなか辛口コメントで消費者にとっては頼もしい味方だと思います。
売る側の人にとってはカチンと来ることもあるかもしれませんが...

このMONOQLOの別冊で、2ヵ月前に発売された「コストコ&カルディ辛口採点簿」というのがとても参考になりました。
今更の紹介ですが、その道のプロと一般の主婦が両店の代表的な商品を誌上で評価するというもので、読んでいるうちに無性に買い物に行きたくなる内容。

monoqlo.JPG

メインはコストコ・カルディですが、それに加えて「無印良品」と「成城石井」も一緒に取り上げられています。
成城石井がここに入るのが納得でもあり違和感でもありますが、いろいろ比較されていて興味深いです。
実はこの仕事をしていながらコストコに行ったことがないのですが、コストコ好きな人の理由がわかった気がします。
裏技みたいなことも掲載されていて、初心者にはタメになりました!

この世の中、国産メーカーの物ですら知らない物がたくさんあるというのに、輸入食品なんて私にとってはほぼ「当て物」状態。
だから口コミを頼りにしてます。
(何が正しいかはなく、あくまで人の意見を聞きたいという理由で...)

書店にはもう置いてないかもしれませんが(別冊だからまだあるのかも?)、興味のある方は是非一度ご覧になってみて下さい目
posted by SCW at 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKレビュー

2011年05月24日

蛇口をひねると金賞が出た!!

"水の都 大阪” とは言え、「大阪の水=道頓堀のヘドロ」というイメージが強く、衛生環境が良くなさそうなイメージを持っている人も少なくないのではないでしょうかふらふら
(近年は浄水作業を行って、なかなか綺麗になってます。)

ですが、その大阪の水道水・ほんまやが、食品のノーベル賞とも言われるモンドセレクションを受賞しましたexclamation

モンドセレクションとは、ベルギーに本部がある世界の市販商品の品質向上を目的とした国際品評期間。
創立は1961年とかなり由緒あるコンクールですぴかぴか(新しい)
この賞を国内自治体の製造・販売する飲料水で受賞したのは今回の「ほんまや」が初めてだそうです手(チョキ)わーい(嬉しい顔)

ほんまや.JPG
記念に思わず買ってしまいました猫

海外では「生水では飲むな」とまで言われている、「おいしくない」といったマイナスイメージの強い水道水。
そのイメージを払拭しようと市は2000年3月から浄水処理施設の整備をし、市内全域で水質が向上した高度処理水の供給をはじめました。

2007年からは、なんとその水道水を加熱処理したものを販売開始しましたexclamation×2

販売当初は、「蛇口をひねれば出てくる物を販売するとは、商売魂が大阪らしいな〜たらーっ(汗)」と、遠目から見る程度で購入したことは有りませんでした。

それがまさかこんな栄誉ある賞を頂けるとは。
ここまでの品質だとは思っておりませんでした。

飲み比べ.JPG

という事で飲み比べ。
ちなみに左が「蛇口の水」、右が「ほんまや」です。

結果は…

「ほんまに水道水やexclamationという感じで、味は同じ。

ですが、他社の飲料水と肩を並べても、遜色ない味だと思いました。


販売本数は今年の3月までに約86万本売れているそうですひらめき
東日本大震災の被災地にも、支援物資として4万5千本を無償提供しており、今やかなりの人が「大阪の水道水」の味をご存じなのではないでしょうか。

また、本日(5月24日)ベルギーのブリュッセルにて授賞式が行われるので、後日受賞風景などもしかしたらテレビで観ることができるかもしれません。
今年以降、海外進出を目指して事業計画を行っているそうなので、エビアンやボルヴィックのように世界中の人が「ほんまや」の味を知っている時代が来るかも・・・?!exclamation×2

ちなみに僕的には紅茶を良く飲むヨーロッパなどで販売をすると売れそうな気がします。
(ヨーロッパの水道水は硬水で、紅茶には日本の軟水が向いている為。)

「旅行に行って口に合いそうな飲み物がないあせあせ(飛び散る汗)」と言った時、ピンクのラベルと大阪弁のロゴを見つけて安心したいですねひらめき



ニューホープ
posted by SCW at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース

2011年05月23日

ホームベーカリー

最近、我が家にホームベーカリーという代物がやってきました。
頂き物なのですが、もの凄く重宝しています。


お鍋やオーブンで焼けたり、炊飯器でも焼けるレシピがあったりと、わざわざ購入するまでもないかとは思っていましたが、、、
やはり専用機は侮れないです。


o0480064311215597752.jpg



食パンから、メロンパンやお惣菜パン、アンパンやバターたっぷりのデニッシュなどメニューが豊富なのは当たり前。


一番は発酵や成形などパン独特の手間が省けるところです。
夜寝る前に「あ、明日の朝のパン焼いとこ」ということが簡単にできます。後片付けも簡単!



簡単な食パンに飽き、ハーブやライ麦なんかを混ぜています。


o0480064311215597649.jpg


何かに似てるなと思ったら・・・リーゼント??


o0480064311215597485.jpg


早速、iPhoneで落書き。ブログにアップ。

なんだか文明の力を感じる今日この頃です。



ヨシイクゾウ
posted by SCW at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

今週のスタディ! Vol.164


ホームページのS.C.WORKS MAGAZINE
「スタディ」
を更新致しました!

N3.jpg


NEW 今週のスタディひらめき

1)サントリー、香川県と販促タッグ

2)酢ムリエが考案した新感覚スイーツ

3)新燃岳噴火、肉や魚、灰で干物に

4)ハッピーな人は長生きする!? 幸せと健康の相関関係とは?

内容を見る

posted by SCW at 09:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | スタディ!2010-2011

2011年05月20日

建築現場から、教育現場へ!

建築物の壁面下地材で良く使われるプラスターボード(石膏ボード)。
リサイクルの方法と言えば、表面の紙をめくってもう一度生まれ変わるか、綺麗な状態の物はリユースといった感じで、「他の物に」ではなく同じサイクルをぐるぐる回っています。

しかし、このリサイクルの扱いが難しいプラスターボードを全く違う物に生まれ変わらせている、面白い商品があったので紹介したいと思います。

その名もプラタマパウダーひらめき
株式会社グリーンテクノ21」さんが販売している、学校の校庭などのグラウンド用の白線です。

プラタマパウダー.jpg

これは主に施工時に出るプラスターボードの端材と、洗浄・乾燥処理した卵の殻を8:2の割合で配合・粉砕したもので、100%リサイクル製品としてエコマーク認定を受けています。

しかも、ほぼ中性という事で人体や土壌にもやさしいそうです。
従来の白線と比較して線がムラ無く長く引くことが出来、炭酸カルシウム性の商品(従来)より同容量でも重さはなんと半分exclamation
流通の際のコスト・CO2排出量の削減にも貢献出来るそう。
まあ、実際に使用する子どもたち(主に)からすると「軽い」「線が引きやすい」だけで十分うれしいですよね。それに加えてエコなのだからもっと良いですわーい(嬉しい顔)


ただ、プラスターボードと聞くと、全てに「アスベスト」が含まれていると勘違いしてしまう人も少なからずいるそうなので、アスベストを含んでいないことを認知してもらうことが勝負かもしれません手(グー)


ニューホープ
posted by SCW at 20:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2011年05月18日

ペットボトルのふた

この度の地震で、平穏な時にはなかなか気が付かないことがたくさん分かりました。
その一つが「包装資材」。
モノはあるのにラベルが付けられない、といった理由で出荷がストップしてしまうというのは普段考えもしませんでした。

ペットボトルのフタにしてもそうです。
デザインが違い、口径が違うため、AのボトルにBのキャップは付けられません。
Aのキャップをつくる工場にBのキャップをつくる型がないので作れません。
という具合。

そこで、今回のような非常時にも対応できるよう、全国清涼飲料工業会がキャップを「白色無地」に統一すると早々に発表しましたが、今日の日経MJで、その白色キャップに対するアンケートが掲載されていました。

その結果は次のとおり。


・どちらでも良い
 28.7%

・このまま白い方が良い
 22.3%

・カラフルなキャップに戻して欲しい
 18.7%

・生産効率が上がったのならその分価格を下げるべき
 14.2%

・最初から色を付けるべきではなかった
 10.3%

・商品をつまらなくする
 0.6%

・その他
 5.2%

(有効回答数 310人)


これを見て以外だと思ったのが「カラフルなキャップに戻して欲しい」という回答の多さ。
「どちらでもいい」という人がほとんどかなと思っていたのですが、「味気なく感じる」「デザインのバランスが悪くなる」からという理由の人がいるように、みんなパッケージをちゃんと見ているんだなということが分かりました。

水などは白色キャップもおおむね好評のようですが、「コーラは赤色!」というようにイメージが強い商品には違和感を感じるようです。
確かに、「赤いハイヒール」から「白い運動靴」に履き替えたくらいギャップがあるように見えます。

温かい色、冷たい色、爽やかな色、渋い色、甘い色、刺激的な色。。。

見た目の色って大切ですね。

写真素材 PIXTA
(c) enterFrame写真素材 PIXTA




でも、個人的には白色キャップに賛成です。
ついでにボトルの形状も統一したらいいのにな、とも思います。
posted by SCW at 20:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース

2011年05月16日

今週のスタディ! Vol.163


ホームページのS.C.WORKS MAGAZINE
「スタディ」
を更新致しました!

N3.jpg


NEW 今週のスタディひらめき

1)気象庁、平年値見直し

2)各社節電商品取りそろえる

3)大阪の2ホテルで“ランチバトル”

4)山菜採りで副収入

内容を見る

posted by SCW at 10:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | スタディ!2010-2011

2011年05月11日

HOTな大阪

GW頃に入ったとたん気温が高くなりましたが、その気温の高さと比例するように、今、大阪が熱いですどんっ(衝撃)

新聞・テレビでも取り上げられていますが、JR大阪駅の三越伊勢丹オープンを始めとする商業施設のオープンで、このところキタ・ミナミとも活気づいています。

5月4日、まさかのGWまっただ中にオープンした三越伊勢丹とそれに隣接する商業施設「ルクア」の初日の来店客数は23万人だったというからビックリ目
そして当の自分も23万分の1なのでした!

両施設とも入場制限によって長〜い行列が出来ていたため今回はルクアのみ入ったのですが、アパレルテナントは王道セレクトショップに加え、関西初出店のお店も多く、若者が喜びそうな顔ぶれでした。
飲食店のラインナップは「叙々苑」や「ポンテベッキオ」などの高級・有名店が入る一方、串カツの「だるま」が入っていたりと幅広い感じ。
だるまについては一時廃業のピンチを迎えたものの、今では新地に出店したり、このルクアに出店したりとすごい盛り返しです。

とりあえず大混雑の中全部のフロアを回って、最後にこの日一番の目的である「ザ・パントリー」を見に地下1Fへ。
このお店は、大近さんの新しい業態で、若い女性をターゲットにした食のセレクトショップです。

第一印象は、「トーキョーぴかぴか(新しい)っぽい!」
東京にはこうしたお店が多いですが、大阪にもついにこんなお店ができた〜、と思いました。

従来のパントリーやラッキーは正統派・クリーンな印象のお店ですが、このお店はもっとカジュアルでナチュラルで親しみやすい店舗デザイン。
もともと食に対して徹底したこだわりを持たれている大近さんですが、家族の健康を預かる主婦だけでなく、若い女性にもそのイメージが伝わりやすいお店に感じました。

大近さんの新しい惣菜ブランド「自然派デリ〜ナチュール〜」のわっぱ風容器に入ったお弁当は、見るからに健康的。
デパ地下より安くてコンビニにはない手作り感が、身体にもお財布にも優しい感じです。

売場面積が小さいためグロサリーは絞られていますが、厳選された商品を前にたくさんのお客さんが真剣な顔つきをしている様子が印象的でした。

駅直結なので、大阪に来られた方は是非訪ねてみて下さい。

P-1.JPG

P-2.JPG

その帰りには4月25日にグランドオープンしたなんばCITY、翌日は4月26日にオープンしたあべのQ’sモールにお出かけと、"おのぼりさん”のGWで、熱い大阪を満喫しました!
posted by SCW at 20:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 店舗視察

2011年05月10日

廃棄果物の有効活用!


お久しぶりです、ニューホープです!
無事に事務所引っ越しも終え、元気に仕事に取り組んでます手(グー)

早速ですが、バナナやパイナップルの茎・葉など、普段廃棄されてしまう物の有効活用方がニュースになっていましたexclamation

写真素材 PIXTA
(c) masahero写真素材 PIXTA


この技術はブラジルの研究チームが発表しました。
材料を言うと、パイナップルの茎と葉、 バナナ、ココナッツの殻、リュウゼツラン(竜舌蘭)ガマ(蒲)を使って強化軽量プラスチックが製造出来るそうですexclamation×2
リュウゼツランや、ガマなど聞き慣れない名前ですが、画像を見てみると見たことある結構身近な植物ですね。

リュウゼツラン.jpeg

ガマ.jpg
上:リュウゼツラン 下:ガマ

ちなみにこの方法で作ったプラスチックは、従来より30%程軽量で3〜4倍の強度になるそうで、いずれはダッシュボードやバンパーなどといった自動車の部品に使用し、自動車の軽量化と燃費向上に繋がると期待されているとか。
しかも実現まであと少しで、2年以内には実用化出来る見通しだそうひらめき

4月18日のスタディVol.159で取り上げた、「バナナの皮で浄水」(こちらもバナナexclamation)の記事にも通じる事ですが、やっぱり人が生活する上で必ず出てしまうゴミ。
これを何か良い使い方をしようと言う取り組みが増えているのはうれしい事ですね。

でも、この製造方法が一般化した時にバナナの皮目当てで果実を廃棄するような本末転倒な事は避けて、いろんなモノがバランス良く活用されることを願いますわーい(嬉しい顔)


ニューホープ
posted by SCW at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2011年05月09日

今週のスタディ! Vol.162


ホームページのS.C.WORKS MAGAZINE
「スタディ」
を更新致しました!

N3.jpg


NEW 今週のスタディひらめき

1)ヨーカドー、福島・いわき市でネットスーパー開始

2)ローソン、健康志向に特化した新商品“いつでもナチュラル”を販売

3)渋谷に“農家の台所”青果店

4)花粉症対策の切り札は“遺伝子組み換え米”

内容を見る

posted by SCW at 09:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | スタディ!2010-2011

2011年05月06日

いちやまマート諏訪店

先月20日、長野県諏訪市にオープンした「いちやまマート諏訪店」のデザインをお手伝いさせて頂きました。

外装.JPG

同店は山梨県を拠点にされているいちやまマート様の長野初進出店舗です。

山梨と長野は隣接県とはいえやはり文化は違いますが、いちやまマート様の掲げる「健康的な食生活が幸せをもたらす」というシンプルかつ重要なメッセージは、文化の違いに左右されることのない考え方だと思います。

これまで山梨でお客様の支持を得てこられたいちやまマート様にとって新しいチャレンジとなりますが、地元のお客様にその企業ポリシーが浸透し、永くご贔屓にして頂けることを心より願います。

青果.JPG


惣菜.JPG

2011年05月02日

今週のスタディ! Vol.161


ホームページのS.C.WORKS MAGAZINE
「スタディ」
を更新致しました!

N3.jpg


NEW 今週のスタディひらめき

1)サークルKサンクス、夏場の節電対策を具体化

2)母の日商戦、震災対応品が充実

3)道頓堀にローフード専門店

内容を見る

posted by SCW at 09:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | スタディ!2010-2011