2011年08月24日

安心の福島野菜

放射能汚染の風評被害で大ダメージを受けた東北の農産物ですが、東京に力強い味方が登場しますexclamation

放射能測定器を導入した野菜売り場 『福島さんの野菜』を新設

内容としては、カタログ雑誌「通販生活」を発行している「株式会社カタログハウス」さんが直営店「カタログハウスの店(東京店)」の野菜売場に本格的な放射能測定器を導入し、「福島さんの野菜」として今週金曜日(2011/8/26)にOPENするそうですわーい(嬉しい顔)

店内イメージ.JPG

これは、福島県の野菜生産者グループである「株式会社ジェイラップ」さんとのコラボ企画で、コンセプトは「福島の野菜を食べよう」と言うもの。
日本の暫定基準値と、ウクライナ保険省が採用する基準値に基づいて検査し、海外の厳しい基準値もクリア出来るものを販売して消費者にとって安心・安全な状態で販売出来るように努めていくとのことですひらめき

ポリシー.JPG

開始時の取扱い品目はブルームきゅうり・みにきゅうり・トマト・ベビーリーフ・ミニトマト・茄子・じゃがいも・ピーマン・玉ねぎ・つるむらさき・かぼちゃ・枝豆・いんげん・長ネギ・桃・トウモロコシの計16品目で、これから随時追加予定だとか。

国内基準の検査だけでなく、海外の基準もクリア出来ると言うことが広く知られれば、福島県産野菜だけでなく東北全体のイメージ回復に繋がりそうですね。
このお店も、復興の足がかりになってくれることを祈りますexclamation×2



ニューホープ
posted by SCW at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース