2011年12月16日

愛の丼ぶり

昨日はバルサ快勝でしたね〜!
ちょうど晩ご飯時、スタジアムに行けなかったファンも、スペイン料理を堪能しながらゲームを楽しんだりしたのでしょうか?
海外のビッグクラブが来日していること自体興奮すると思いますが、そのチームに関連ある料理を囲みながらファンが一つになればさらに盛り上がりそうです。

巷には、そうしたファンが集まれる特定のスポーツチームを応援する飲食店というのは数多くありますが、スーパーにもありました。
山梨県韮崎市に本社を構える「スーパーやまと」さんでは、甲府を拠点にするJリーグチーム「ヴァンフォーレ甲府」を応援するために、とっても素敵な取り組みをされています。

その名も、「Jリーグ&ヴァンフォーレ甲府応援298円丼」。
単に名前を付けたではありません。
なんと、対戦相手ごとにメニューを変えるというこだわりの丼です。

もちろん、その中身は対戦相手のホームの名物になっており、例えば、ガンバ大阪だったら串カツ・たこ焼き、清水エスパルスだったら桜エビ、横浜F・マリノスだったら揚げ餃子あんかけ丼・・・といった具合にご当地メニューがご飯の上に乗ってます。


丼の詳細はこちらに掲載されています。
http://www.j-gate.net/~yamato/service.html#298j


298円というお手頃な値段で、しかもそのうち5%がヴァンフォーレ甲府の強化費に充てられるということ。
いつから始められたのかわかりませんが、素敵です。

以前テレビでヴァンフォーレ甲府に対する地元愛を見たことがありますが、とても深い愛を感じます。


いや〜、スーパーのできることっていっぱいあるな、とつくづく思いました!


青色 シュート 蹴る 0807スポーツ特集  - 写真素材
(c) タツヤ、ストックフォト PIXTA



posted by SCW at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと