2012年05月17日

コチニール

コチニール色素のアレルギーに関するニュースが新聞・テレビで取り上げられていますが、はるか昔から使われていた着色料がアレルゲン物質であることを突き止めたのはすごいですね。
発症患者さんはこれを気に医師が着色料一つにまで疑いを持ってくれることを期待したいと語っておられましたが、本当にいつ何がアレルギーの原因になるかわかりません。

このニュースを機に「コチニール」が何であるかを知ったという方も多いと思います。
このコチニール、「天然色素」とはいえ、原料が「害虫」だから話しがややこしい。
あの姿を見たらコチニール入り食品は一気に「悪の食べ物」になってしまうのではないでしょうか。

...実は、そういう私もその一人。
今回のアレルギーとは関係ありませんが、とにかくあまり気分の良いものではなかったので、今から10年ほど前にある大手スーパーに「惣菜にコチニールを使うのをやめて欲しいと」いうお手紙をご意見BOXに入れてみました。
すると、しばらくしてコチニールの表示が消え「紅花色素」に。声が届いたのかは分かりませんが、とてもホッとしました。
その後、大手コンビニにも同じようにお願いしてみたのですが、残念ながらそちらは届かずでした。。。

しかし、そもそも食べ物に「着色料」って必要なのでしょうか??
戦後とはまったく状況が違い、オーガニック、無添加がこれだけ浸透してきているこのご時世、素のままで勝負する方が良さそうな気もするのですが。。。
いろいろ事情があるのでしょうか。
posted by SCW at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース