2016年10月01日

移動◯◯

先日、移動スーパーのとくし丸が衣料品の移動販売を始めるというニュースがありました。

とくし丸、衣料品も販売 高齢者ニーズに対応

衣料品は食品よりも購入頻度が少ないとはいえ生活には欠かせません。
が、これまでお仕事をさせて頂いている中で何度となく衣料品売場の縮小・撤去という場面を見てきましたもうやだ〜(悲しい顔)
スーパーの売場から衣料品が消えるだけでも困っている方は多いというのに、そのスーパーに行くことすらできない人はさらにお困りのことと思います。

すでに一部ではスタートしていたそうですが、お買い物に行くのに不便をされている方々にとってはとても助かるサービスではないでしょうか。
軌道に乗って内容も充実していくことを期待したいですグッド(上向き矢印)

日本各地でこのような“買い物難民”を救うためのサービスが広がっていますが、今後これがもっと「楽しい物」になればいいなと思います。
今は「商品を運んできてくれてありがとう」の世界だと思いますが、そこにエンターテイメント的要素が加わればいっそう待ち遠しく価値のあるものになると思いますぴかぴか(新しい)

と思ったのも、最近雑誌で見たコレ。

pizza.png

なんとピザ屋さんがトラックでやってくるのです目exclamation&question
ピザを配達するんじゃありません、釜ごと動いてくるのです!

こちらは2012年に開業したアメリカ・サンフランシスコの「Del Popolo」という移動販売のピザ屋さんです。
2.4mの輸送用コンテナを改造し輸送用トラックに乗せて移動するのですが、その中に2.5トンの薪釜が設置されているそうです。

アメリカではフードトラックと呼ばれる移動販売が盛んですが、ドアをオープンするとまさかの光景が目に入る、なんとも大胆で楽しい発想ですひらめき


しかし日本も負けていません。
東京の天王洲にあるクラフトビールの専門店「T.Y. Harbor Brewery」が今年始めた移動型バー「EL CAMION」はコンテナにカウンターとビアサーバーを積み込み街中を移動していますビール

ELCAMION.png

EL CAMION2.jpg

雰囲気もよく、SNSにアップする格好のネタではないでしょうかexclamation&question


飲食だけではなく、移動型アパレルショップなんていうのもありますブティック
単に服を販売するだけでなく、トラックの中に設置されたミシンでオリジナルTシャツやシャツにモチーフを縫いつけるというサービスを行っている「SUPERTHANKS BOX」。
1.5トントラックを改造し、グランツリー武蔵小杉やお台場ヴィーナスフォートなどファミリーや若者の多い場所に出店しているそうです。

SUPERTHANKS.jpg


移動販売というのは昔から様々ありますし、特別目新しいことではないと思うのですが「そんなものまで?!」という驚きはやはり新鮮味を感じます。
また、これらは買い物難民向けのサービスとは少し違いますが、移動スーパーだけではなくこのようなトラックが過疎地に出向けば驚きと感動が起こるのではないでしょうか。

スーパーでトレンドになっているライブ感やレストラン化などお店でやっていることを移動スーパーにも取り入れられればと思います。
商品を運ぶだけではなく、たまに移動レストランや釜を積んだ移動パン屋さんが来て温かい料理や焼きたてのパンが食べられたら幸せだろうな〜なんて。

商品を載せてやってきてくれる、それだけでも十分有難いことですが、そこにびっくりな演出が加われば...考えるとワクワクしますわーい(嬉しい顔)exclamation×2

FROM:A

posted by SCW at 15:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース