2008年09月25日

"スーパーLABI1" なんば店

LABI1.JPG

今日の日経に、『ヤマダ電機が食品・日用品を本格販売』という記事があったので、コレは行かねばとさっそく「LABI1なんば」に行ってきました。
事務所移転前は徒歩5分ほどだったのですが、越してからは久しく行っておらず、知らない間に随分様子が変わってました。
レイアウトも大幅に変更したようです。

「スーパーLABI1」もとい「ELENTA」は地下1Fで、だだっ広いフロアにドラッグや鍋などの生活用品とグロサリー、冷食、酒コーナーがあり、ブランド時計と本のコーナーも併設されていました。
生鮮がないので、スーパーというよりドラッグストアといった感じでしょうか。
安いことは安いのですが、特に価格が前面に出されているわけでもなく、「誰向け」なのかよく分かりませんでした。
「家電より購買頻度の高い商品を提供し集客力を高める」そうですが、家電の買い物・下見に来た人だけ向け??

しかし、「難波の果て」の平日は、繁華街ど真ん中のビックカメラやヨドバシに比べるとやはり厳しいものがありますね。
広すぎるレジ間の通路と店内の静けさがまるで"税関"を思わせる雰囲気でした。
土日にはどんな様子になってるのかまたチェックしないとわかりませんが。

ちなみに、家電と同じく「競合店より安く販売」というのと、共通のポイントが付くのというのはお得です。

それにしても、ホントに業態の垣根がどんどんなくなっていきますね。。。
posted by SCW at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 店舗視察
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20009110

この記事へのトラックバック