2009年04月22日

なんばの発展



エスシーワークスの事務所は今の場所が2箇所目ですが、どちらも「なんば」と呼ばれる地区です。

関空や伊丹空港にもアクセスが便利で、大阪の玄関口として存在する難波。
全国・世界各国からいろんな人がやって来るのですが、北側と南側、一口に同じ難波とは言えども、普通に歩いて20分はかかるであろう距離。
南海難波駅・南口で「JR難波にはどうやって行けば良いですか?」と聞かれたときには、とても不憫に思います・・・ふらふら

さて、現在その難波の南側では南海難波駅・高島屋の改修工事が進められており、北側ではJR難波駅となりの高層ビルの工事が進行中です。

JR難波側の高層ビルは、上層階に「ホテル・モントレ」が入るのですが、今日初めてその地下に「ライフ」が出店するということを知りました!
ライフは都市部への出店を強化しており、このところ大阪でも市内中心部の出店が多いです。難波もそのうちの一つ。
すぐそばには24時間営業のマックスバリュもあるのですが、「ホテル下のライフ」が一体どんな店になるのか今から楽しみです。
ちなみオープンは7月予定。他にも商業施設が入るみたいですよ!

こちらの地域は住宅の少ない難波の中でも、公団や高層マンションがあって比較的住宅地なので、買い物の選択肢が増えることは住民の皆さんも喜ばれるでしょうね。

南側の南海難波駅には「スイスホテル」が併設しているのですが、外国人宿泊者の方が夜になるとマックスバリュの大きな袋を持ってホテルに消えていくのをよく目撃します。
皆さんお部屋で宴会をしてるのでしょうか。そうならば、マックスバリュ・コンビニに加え、夏にはライフもリスト入りですね。

そのスイスホテルからさらに南側では、リニューアルの進む「木津市場」の隣にゴージャスな高層マンションができるので、そのうちこちらにもスーパーができるでしょうか?
業スーとコンビニとヤマダ電機の地下食料品売場ではちょっと追いつかなさそうな気がします。

南北の開発とも少しずつベールがはがれてきて、完成予想の予想(?)ができる状態になってきていますが、阪神なんば線も開業したことでアクセスもますます便利になり、成熟していたように思える難波もこれらの完成でまた少し活気づくのではないかと思います。

エスシーワークスの愛すべき難波の活性を心から願いますexclamation×2

・・・あ、正式には事務所は南堀江なんですけどねあせあせ(飛び散る汗)

FROM:A
posted by SCW at 19:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28624492

この記事へのトラックバック