2009年06月06日

阪急西宮ガーデンズ



遅ればせながら、「阪急西宮ガーデンズ」に行ってまいりました。
昨年11月、阪急西宮スタジアム跡地にオープンしてからすでに半年が経過していますが、ようやくその姿を確認することができました。

第一印象はとにかく「おっきい」の一言!
それもそのはず、5フロアの建物に核テナントとして阪急百貨店とイズミヤ、そのほかTOHOのシネマコンプレックスやロフト、ユニクロ、ジョーシンなどの大型店を含め、270店舗弱で構成されていて、西日本最大・国内でも3番目の広さを誇るのですから。

しかし・・・「大型」ではあるものの、あのSC独特の威圧感がない。
周りが比較的開けていて後ろに山が見えたり建物の色が優しいアースカラーだったり、モチーフに西宮市の花である桜が使われているためか、とても女性的で優しい雰囲気が漂っているのが印象に残りました。なんというか"しなやか"な感じです。

また、ここは西宮北口駅とデッキでつながっているのですが、途中に動く歩道があるため、スイスイ歩き進めます。これはすごく親切!
今年中には屋根も付くそうなので、雨の日も助かりますね。こういうところに気を配るのはポイント高いと思います。

訪れたのは平日午後ですが、結構な人で賑わっていました。客層的には奥様方や赤ちゃん連れの若いお母さん、学生さんなど大半は女性でしたが、郊外のSCに都心のファッションビルをほどよくミックスしたようなテナント構成で、確かに女性の好みそうなラインナップだと思いました。
実際一消費者としてもかなり気に入りましたぴかぴか(新しい)
新聞にも書かれてましたが、阪急が取り組んでいるお客様参加型のイベント「コトコトステージ」の評判も上々だそうですね。

さて、今回の訪問のメインであるイズミヤは、建物2Fに食料品、3Fに衣料品、4Fに生活雑貨という3フロア構成となってます。
売場面積1000坪の食品フロアは、ゴンドラ・冷蔵ケースとも背の低いタイプを使っているのでかなりゆとりを感じました。
通路幅も広いので、混み合う週末もイライラは少なそうな気がします。

そして、何より内装にびっくりです。SC全体のデザインに合わせてか、同社他店とは全然様子が違い、キラキラまぶしいくらい!
白タイルとミラー、ステンレスで統一されている売場は、かなりきらめいてました。商品は同じでも、建物・内装が違うと印象が変わるという、いい例を見ることができたと思います。
クリンリネスに力を入れて頂いて、いつまでもこのきらめきを保って欲しいですね。

上のフロアの衣料品は手頃な値段の物が揃っていましたが、SC内にこれだけ専門店があるとやや弱い感じがしました・・・。陳列方法のせい??
いやいや、こんな心配なんて無駄なくらいファミリー層には好評で順調に売上を伸ばしているのかもしれませんが。魅力的な専門店に囲まれたGMSの衣料、気になるところです。

ざっと流し見て2時間。次は週末にゆっくり行きたいです。
屋上にはゆったりしたガーデンスペースもあり、飲食フロアも充実しているので、家族連れはもちろんどんな世代にも受け入れられそうです。



まだ行かれてない方は、一見の価値ありですので是非目


FROM:A
posted by SCW at 17:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 店舗視察
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29634915

この記事へのトラックバック