2010年01月12日

3つの「R」

唐突ですが、自分の知っている(世間一般で言う)3つの「R」は環境問題でクローズアップされた

「Reduce(リデュース)」(ごみ発生抑制)

「Reuse(リユース)」(再使用、もう一度使う、繰り返し使う)

「Recycle(リサイクル)」(使用が終わったものを、もう一度原料に戻して再生利用する)

で、Mottainai/モッタイナイを世界に広げたアフリカ人女性初のノーベル平和賞受賞者、ワンガリ・マータイさんが提唱したもの。

後に4R/5Rと増えていきますが...
※「Refuse(リフューズ)」(断る)/「Repair(リペアー)」(修理する)

昨年は景気後退で、次の3つの「R」を駆使して上手に節約する消費者が目立ったそうですね。

「Repair(リペアー)」(修理する)

「Reuse(リユース)」(再使用、もう一度使う、繰り返し使う)

「Rental(レンタル)」(買わずに借りましょう!!)

「環境問題」と「景気後退」一見関連性の無いような事柄ですが
現代の人々の必要とされる「行動や思考」はやはり同じ方向を向いてるんですね。

もちろん景気回復を誰もが望みますが「痛み」を知って学ぶという事はとても重要だと思います。
posted by SCW at 20:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34642419

この記事へのトラックバック