2010年01月19日

寒がり度

日本一の寒がりは、「秋田県民」。

ウェザーニューズが、「身につけた衣服や防寒具の数」から都道府県別に"寒がり度"を比較調査した結果、一番寒がりなのは秋田県民、反対に一番寒さに強いのは岩手県民という結果が出たそうです。

ちなみに寒がり2位は山梨県、3位は山形県。
イメージ的にどの地域も寒い冬に慣れていそうな気がするのですが、実はそうでもなかったみたいですね。
でも、その一方で秋田と同じ東北地方の岩手県はそんなに寒がりでないというのもまた不思議。

また、冬=寒い=北海道という勝手な印象があるのですが、この調査では北海道はTOP3ではなく4位という結果。
そういえば真冬に何度か行った北海道は、どこへ行っても暖房が効いているのでホテルではTシャツで大丈夫だし、街中でもそんなに着込んでる人がいなかったのが印象的でした。もちろん外は寒かったですけど。
5月に札幌でノースリーブを着ている人を見かけたときは衝撃でしたが、中心部は実はそんなに寒くないんでしょうか・・・?

この調査結果を利用して、「日本一の寒がりでも平気」と銘打った秋田限定商品とか出せそうな気がしました。
寒がりの秋田県民をも納得させる「秋田限定ヒートテック」なんてかなりあったかそうな気がします!

その他の結果や項目別などの調査はこちらから見ることができます。

ま、冬はどこにいても寒いもんですが、明日は大寒なのに大阪は16度だとか!
でもその後またすぐ寒波がくるそうなので、油断なさいませんように。。。
posted by SCW at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34810214

この記事へのトラックバック