2010年02月27日

浅草寺もダイエット

気温も急に温かくなり、そろそろ街ゆく人も薄着になり始めています。春に向けてウォーキングを始めるなど、ダイエットを始める方も増えてくる時期ではないでしょうか。


個人的にも、未だに年末年始の食生活が戻りません・・・食べたいときに食べ、食後のデザートは当たり前。おなか回りのお肉が非常に気になっております。。


また、重たい体が足腰を痛めるので、中年期以降の方はまめに運動する事が非常に大事だそうです。病気がないだけではなく、頑丈な足腰があってこその健康。丈夫な体こそが一生の財産なのかもしれません。




そんな頑丈な足腰やダイエットが必要なのは建築物もまた同じです。

東京の浅草寺本堂では、06年に耐震補強を施したそうなのですが老朽化が深刻な問題となっているようです。観光名所で参拝者が多いということもあり、少し大きな地震が起きると大惨事になりかねません。


そこで、昨年から着工し本格的な補強工事が現在も進んでいるのですが、並行してダイエットもしているそうです。

従来の日本瓦の屋根からチタン瓦へと葺き替え、屋根全体の重量は約930トンから180トンまで軽量化するなどし、耐震強度もグンと上がっているとか。




ちなみに、いま参拝に行っても本堂内には入れます。しかも、工事用の壁が建てられていて、山本寛斎氏率いる「平成本堂大営繕美観プロジェクト」 によってオシャレな工事壁を見ることができますひらめき


この本堂が
photo01.jpg


いま、こんな工事壁で囲われています
syoumenn091201.jpg




お金と手間はかかりますが、取り替えるだけで大減量。羨ましい限りですね。
人間はそうも言ってられませんので、地道なウォーキングと食生活の改善を始めようかと思います。。


ヨシイクゾウ
posted by SCW at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35714094

この記事へのトラックバック