2010年05月26日

もうすぐ梅雨本格化ですね。

結婚記念日にフランスの夫婦がカジノのスロットで日本円で約6億円を当てたという記事が、25日のニュース記事に掲載されていました。



フランスで過去最大の大当たりとなり、一生忘れない思い出になったことでしょう。末永く幸せになってほしいものです。

なぜこんな話題かと言いますと、もうすぐ6月。
6月と言えば「ジューンブライド」だと思いまして、結婚に関する情報を調べている時に見つけました。

ジューンブライドってほとんどの女性が憧れているのかと思いきや、そんなことなかったんですね…

<結婚に対する意識調査のアンケートの記事>
http://news.livedoor.com/article/detail/4774018/

これによると未婚女性の結婚したい月のトップは10月で、47%だそうです。
一方、未婚男性では42%の人が6月と答えていていました。これには「6月に女性は結婚したいんだろう」という思い込みに似たようなものがあるのかもしれませんね。
実は例に漏れず僕もそうでした。

でも、なんであんな雨の多い時期にわざわざ結婚するんだろう?と多くの人は考えたことがあると思います。
もともとはヨーロッパの文化なのですが、諸説ある由来の中のひとつに

『6月は1年で一番雨が少ない時で、復活祭などのイベントもあり、ヨーロッパ全体が祝福のムードに包まれる。』

とあります。
それに比べ、日本の6月は梅雨で雨がおおい。祝日は1つもない。
全く逆じゃないですか!今までよく流行っていたなと驚きですね・・・。
何もイベントがない月=閑散期なので、この時期に「なんとか集客を・・・」をと考えて結婚式場関係者がヨーロッパから文化を輸入した、なんてふうにも言われていますが。

いやはや、調べてみるまで知りませんでした。
実際に流行っていたのは「オクトーバーブライド」だとは。でも、確かに一番良いシーズンかもしれませんね。

しかし、皆さんもお感じの「気候の変化」。
6月=梅雨という常識が通用しなくなる可能性は0%とは言い切れないかも。
そのうちまわりまわって、再びジューンブライドがブームを巻き起こす日が来る・・・?!
posted by SCW at 08:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38502692
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック