2010年07月12日

値決めレストラン

週末に外食する機会がありました。おでんの有名店らしいのですが、なんだかどれも高かったんです。。


味よりメニューの豊富さや変わった一品が多いように感じたお店で、普通にちくわや玉子にしても300〜500円といった価格帯。立地も梅田の中心地で老舗ではあるのですが、特別おいしい訳でもない・・・ビミョーな気分で店を出ました。


やっぱり大阪は "うまくて安い!" これでないといけない気がします。でないと、帰り道にちょっとグチっぽくなってしまうんですよねふらふら 「あんな大根100円や!」といった感じです 笑






そんな僕たち関西人には評価して欲しくはないであろう、
"自分で値決め出来るレストラン" が東京赤坂に今年オープンしたそうです。


なんと、メニューには価格が印刷されていません!注文した料理を食べ終わった後、客自身でその料理の値段を決めて支払いを行うというシステムです。


そんなの成立するの?と思っていましたが、自分の店をもちたいと思っているシェフが腕試しを行う場所として設定したもので、シェフは月ごとに代わるそうですが、ほんとなんです。イタリア料理なら前菜からデザートまでコースで楽しんで、価格の上限は1万5000円、下限はないとのこと。。


写真素材 PIXTA
(c) zihuatanejo写真素材 PIXTA



とはいうものの、タダ食い阻止の為、先にドリンク3杯付きの入場料1500円は払います。でも料理代金は0円でも良いんですよ?


こんなこと大阪でしたら大事になりそうです!大阪のおばちゃんはタダなら何でも持って帰りますしね 笑 TVでたまにやってる大阪のおばちゃん特集みたいなのは、本当にあんな人たちですから・・・



だからといって1円も払わないのも気が引ける、人情味あるのが関西人。きっと100円か、多くて500円、ポケットに小銭があればそのくらいは払うかもしれません。。



ヨシイクゾウ
posted by SCW at 16:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39592392
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック