2010年08月24日

ビリビリポテト!?

フライドポテト・ポテトサラダ・じゃがバター等々、メインにも脇役にもなる万能選手「じゃがいも」。

そんなじゃがいもの新しい調理法?がこのたび発表されました。

それは電気を通す。



どんな調理だ!!と思いましたよね。

調理というよりは、調理前の下ごしらえです。
電気を通りやすくするために塩水につけて、弱い電気を30分ほど流すと、ジャガイモの成分の中の抗酸化物質が60%も増加し、もともと栄養豊富なじゃがいもがより体に良くなるとのこと。

記事原文はこちら。(英文)

抗酸化物質は老化防止、ガン予防にも繋がるそうで、身近な食べ物で多く摂取できるのはとてもうれしいですね!

しばらくしたら、この「電気じゃがいも」が普及して、スーパーやコンビニの店頭でも買えるようになるのかもひらめき
商品名は考えないといけないですね…。


ただ、抗酸化物質は逆にガンを進行させる恐れがあるかもしれないとの記事もありました。

抗酸化物質が癌を進行させる可能性 - ナショナルジオグラフィック ニュース

「自然食品に含まれる抗酸化物質は癌から守ってくれる可能性が高い」とのことですが、人工的につくられたこの「ビリビリポテト(勝手に命名)」は果たして体に良いのでしょうか…。
味についても発表されていないので、そちらも気になるところですふらふら


ニューホープ
posted by SCW at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40349567
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック