2010年12月15日

大阪の味

今日のお昼は、セブンイレブンの「大阪うまいもん弁当」を食べました。
地域活性化包括連携協定締結記念として本日発売されたものです。

全貌.JPG


メニューは、

<ご飯>
大阪ならではの「俵型おむすび」。白ご飯+海苔と菜っ葉ご飯。


<副菜>
大阪味噌醸造の赤味噌」と「大阪府産ポーク」を使ったキャベツの豚味噌だれ、

&「大阪府産の水菜」が入った煮物、

&「大醤の醤油」を使ったきんぴらごぼう、

&「佐野漁港の水揚げしらす」を使ったおひたし、

&「小倉屋山本の刻み昆布」の佃煮。


<メイン>
牛焼肉と鮭の塩焼き。
ただしこれらは大阪もんではなく、「大阪人は牛肉をよく食べるから焼肉を入れた」と店頭に掲示されていたような気がします。
鮭についてはわかりません。

以上のメニューで498円。


大阪で育った豚・水菜。
大阪で捕れたしらす。
大阪で作られた味噌・醤油・佃煮。

個人的には若干「大阪もん」に寂しさを感じるのですが、そこは存在感たっぷりの7個の俵おむすびがカバーしていると思います。
これが普通のご飯だったらきっと大違い。


・・・とここで気がついた!
これ、「大阪もん弁当」じゃなくて、大阪「うまいもん弁当」でした。
てっきり、「大阪の食材を集めました!!!」的なお弁当かと思ってました。

あくまで協定締結記念であって、今年の春に発売されたサークルKサンクスのそれとはまた主旨が違うんですよね。
だったら納得。それでもちゃんと「大阪産(もん)」も入ってますもんね。

シール.JPG

ちなみに「ご飯多いわ〜」と、OLさんは買うのをあきらめていましたが、おかずの7割が醤油味なので箸が進んで進んで逆にご飯が足りませんでしたわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
posted by SCW at 18:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食い道楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42104552
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック