2011年08月07日

話すエコ住宅!

今年は例年以上に「エコ」に対する注目が集まっていると思います。

そんな中こんなエコ商品(物件?)の記事を見つけました。

制御室のロボット - 写真素材
(c) jun写真素材 PIXTA


話せばわかる「節電ロボ」付き住宅 三洋ホームズが発売 -SankeiBiz-

タイトルだけでもかなり凄そうなのですが、記事の内容としては

家庭内の消費電力を制御する次世代型住宅「スマートハウス」の開発が進む中、三洋ホームズさんが”住人と音声でやり取り出来る家庭用ロボット”を備えた制御システム「未来家族」を発表したということでした。

サンゾー君.png
直径22cmの球体型ロボット「ミライサンゾー」君

IT技術で一括制御された機械は、操作が難しいとおもわれがちですが、操作をこのロボット「MIRAI SANZO(ミライ サンゾー)」くんに任せ、しかも話しかけるだけで行ってくれるとうことらしいです。

例えば、室内が暑いと感じたときにサンゾーくんに「リビングエアコンON!」と言えばエアコンをつけてくれます。
もちろんタッチパネルでも操作でき、簡単な会話も交わすことが出来るとのこと。
携帯でも操作可能で、外出中に「エアコン切ったかな!?」といった時に重宝しそうです。
単純に住居の機械制御を一括で行ってくれるだけではなく、現在の電力使用量や、蓄電池の停電時などの使用方法などもデータ管理してくれるそうです。

しかも電力を使い過ぎると怒ったりもするそうで、まさに未来型の家族という感じです。


ただサンゾー君がもう少しデザイン性を求めてしまうのは僕だけでしょうかふらふら
幅広い人から受け入れられるシンプルさを追求した結果なのかもしれませんが、「ついにドラ○もんが実用化し出したのか!!」とワクワクしていた僕には少しもの足りませんでした。

ただ性能としてはかなり高度な物で、若い世代の人よりむしろ機械操作に慣れていないおじいちゃんおばあちゃん世代におすすめしたいと思いましたexclamation

ちなみに8/31までモニターを募集しているそうで、一度サンゾーくんとふれあってみてはどうでしょうか?
将来僕が家を購入する頃には、猫型ロボットが開発されていることを祈っておりますわーい(嬉しい顔)



ニューホープ
posted by SCW at 13:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47206609
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック