2012年02月23日

上には上の、トウガラシ業界

今回はタイトルの通り、トウガラシのお話です。

2月6にアメリカのニューメキシコ州で行われた、「2012ニューメキシコトウガラシ会議」(なんだそれあせあせ(飛び散る汗))にてトウガラシ界の “新” 世界一が発表されました。

何が世界一かと言いますと、もちろん「辛さ」のことで、新しいチャンプの名は「トリニダード・モルガ・スコーピオン」
なんとも禍々しい名前ですが、見た目も結構なものです…がく〜(落胆した顔)

トリニダード・モルガ・スコーピオン.jpg
こんなものを、食べようと思える事がすごいたらーっ(汗)

発表によりますと、2007年までギネスで世界一辛いトウガラシとして載っていた「ブート・ジョロキア」(ジョロキアとして有名ですね)の辛さを表す数値 “157万8,548スコヴィル” を軽く超える
”200万9,231スコヴィル” と言うモンスタークラスの数値を叩き出しました。

ちなみに、タバスコソースで “2,000〜5,000スコヴィル” 。 以前、世間を騒がせたあのハバネロでさえ“10万〜35万スコヴィル”なので、それを踏まえた上で数値を見てみると、とても食用ではないだろ…と思ってしまいます。


この数値はまだ公式に認定されているものではないのですが、近々ニュースなどで見かけることになりそうです。


東ハトのスナック菓子である「暴君ハバネロ」、「大魔王ジョロキア」に続いてこのスコーピオンがどのような名前の商品になるのか、パッケージと共に楽しみでは有りますが…やっぱり食べるのはためらわれますねふらふら

ハバネロ.jpeg
暴君ハバネロ

ジョロキア.jpg
大魔王ジョロキア

どこかで見つけたら、食べてみようと思いますが、ブログに更新されていなければ 僕の体に異常が起こったと思ってください手(グー)


ニューホープ
posted by SCW at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54124429
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック