2012年04月26日

頑張れOCAT

本日、東京・渋谷の「ヒカリエ」がオープンしました。
4000人の人が列をつくったそうですね!
大阪に住んでいる身ではありますが、オープンを心待ちにしていた商業施設。
今日・明日には行けませんが、今から行くのを楽しみにしています。

その他にも東京では表参道の東急、ダイバーシティ、ソラマチなど新しい施設のオープンが目白押しです。

いつ行っても魅力的な東京。(隣の芝生...かもしれませんが)
中でも未だに感心するのはJRの駅ナカ施設です。出来た当時は大きな話題となりましたが、もう「あって当たり前」。
エキュート、アトレ、グランスタが山手線のほとんどの駅にあるということがすごい。大阪環状線ではちょっと考えられないです。
商売は人がいなくては成り立ちませんが、必ず人がいる駅を活用するって単純だけど素晴らしいアイデアだとつくづく思います。

大阪でも梅田駅北側や地下鉄なんば駅構内等、駅前・駅ナカの開発が進んでいますが、個人的に頑張ってもらいたいのがJR難波駅に隣接するOCAT
もちろん事務所から一番近い駅というのもありますが、ターミナル駅で高速バスの発着場所となっているのに、中心部からちょっと外れているために、賑わいの点では他の主要駅に大きく差をつけられてしまっています。

しかし、そんなOCATもゆるやかながら変化を見せています。
昨年4月には、野菜直売所を併設したカフェ「Green Cafe」、そして今年3月には、“お肉が買える”洋食喫茶「犇屋(ひしめきや)」がオープンしました。洋食喫茶という看板ながら、精肉カウンターが併設されていて食事に出されるお肉と同じ物を買えるというわけです。
駅ビルに突如お肉屋さん?!とビックリしましたが、喫茶の方はいつも周辺のビジネスマンや主婦の方で賑わっている様子。
今のところ売上も順調だそうです。

Green Cafe.jpg 肉-1.jpg

※賑わっているように見えない写真ですみません。。。ふらふら


この2店舗を運営するのは、“街に元気を”をテーマに飲食店の開発を行う「RETOWN」という会社。
賑やかな街に出店するのではなく、自らが出店して賑やかにすることを任されたのだから任務は重大ですね。

相変わらずテナントの歯抜けは目に入りますが、3月にはフィットネスクラブもオープンしました。
16年前に「関空の玄関口」として鳴り物入りでオープンしたOCATですが、ここにきて健気に頑張っている姿を見ると応援したくなります。
立地の問題は何より重要で、活性化はちょっとやそっとでは難しいものですが、ポテンシャルはあるはず(たぶん)。
エキュートやアトレになれなくとも、RETOWNの取り組みをカンフル剤にOCATがもう一花咲かせる日が来ることを期待しながら見守りたいと思います。。。

posted by SCW at 19:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55516668
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック