2012年05月31日

ネタを求めて今日も行く

昨日の日経に載っていた言葉「ネタ消費」。

今現在、自分自身も置かれている世の中の状況からして、WEB無しでは生活に支障が出るのは間違いない。
また、SNSの一般化が後押しし、生活の一部として浸透して行くに違いない。

昨今ブログやTwitter、Facebookなどでは興味や共感、好感を確保するために日頃からモノや行動に触手を張り巡らせている。
変わったモノや珍しいモノ、おもしろい場所に行った、などは大好物になっていたりする。
ってことは、ある意味「店」ではバイヤーの腕の見せどころではないのか。

毎朝魚市場から送られてくる上がったばかりの魚の写真。
それが旬や貴重性を教えてくれる。
勿論食べ方や味の事も。
これを見て、「あっ食べてみたい!」って思うのと同時に「あっ、これめずらし!」と触手が動きだせば、違った来店動機にもなる。

こうして生まれるネタ消費、その経済効果は3400億円になるのだという。

求めているのは、「自分が欲しいモノ」ではなく、「みんなの反応が得られるモノ」になっていたりするのか?。

こうなると、店はさらに一歩も二歩も先を見据えた商品を揃えなくてはならないだろう。
そういう自分は一消費者として、今日もひそかにおもしろい「ネタ」を探していたりする。

SNS.jpg


posted by SCW at 09:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56149228
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック