2011年09月21日

世にも奇妙な風船ガム…

さて、今回はアメリカの奇妙な揚げ物フェスティバルのお話ですexclamation


アメリカのテキサス州では、毎秋行われる大規模なお祭り「Staite Fair of Texas」に向けて本格的に準備が始まっております。
開催期間は9月30日〜10月23日で、会場にはスポンサー企業出展ブースが立ち並び、有名アーティストのコンサートが行われたりと大人から子どもまで楽しめるアミューズメントパークのような会場で、今年も多くの客が集まると期待され経済効果もかなりのものだそうですわーい(嬉しい顔)

ただ、このお祭りの直前に行われる恒例行事「Big Tex Choice Awards (揚げ物料理コンテスト)」が、毎年とんでもない料理が生み出される事が有名で別の意味で注目を集めており、期待通り(?)今年も様々な料理が集まったようです…。

その集まった数々の料理に色々な賞が贈られるのですが、今年の最も独創的なアイデアに贈られる賞「Most Creative」賞の受賞作品がとんでも無いものでしたexclamation


風船ガムフライ

揚げ風船ガム.jpg

名前だけでも十分賞が取れそうなインパクトの料理ですが、やはり地元テキサスでもかなりの注目度だったらしく、9月5日の授賞式以前の市民調査でもそのことが伺えました。

授賞式までオンライン投票を実施しており、「最もおいしそうな作品」と「もっともまずそうな作品」を選んで投票できるのですが、この風船ガムフライ、まずそう部門で2位に2.5倍の大差をつけて堂々1位に輝きましたあせあせ(飛び散る汗)
(ちなみにおいしそう部門でも堂々最下位…たらーっ(汗)

応募作品の披露会



実はこの風船ガムフライ、マシュマロにピンクの衣をつけてあげたもので風船ガムは入っておりません。
それでも話題を呼んでいるこのフライ、お祭りが開催されたらかなりの人が購入するのでは無いでしょうかひらめき


ちなみに去年の大会で話題を呼んだ、「揚げビール」はブログで紹介させていただきました。

揚げビール.jpeg
苦節3年!「揚げビール」???




そして一昨年前の優勝作があまりにも凄い。

見るだけで胸焼けしそうな「揚げバター

揚げバター.jpg
結構一般化しており、アイオワ州のお祭りの出店料理にも。

油を油で揚げると言う意味不明な料理。溶けたバターがしたたっております。


作り方も動画で有りましたので掲載しておきます。
もしも実際に作られた方がおりましたら、ご連絡お願い致します。





来年はどんな料理が誕生するのやら…



ニューホープ
posted by SCW at 19:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース

2011年09月13日

なんちゃって!

前述の「肉恋し...」で、“なんちゃって”が気になりだしたのは、実は7月に放送されたTV番組「がっちりアカデミー」での“安くて簡単!なんちゃって料理グランプリ!”を見てからなんです。

放送内容は、料理/食品(マックのチキンナゲットやミスドのポンデリング。はたまた、モンシュシュの堂島ロールやケンタッキーのチキン等。もちろん単品料理の酢豚や鰻重、ペキンダックなんかもありました)のなんちゃって。

いかに簡単に。いかに安く。
いかに本物に近づけるかが選考基準だったようですが
結果は....こちらに!(レシピあり)

で、思うところ「作る楽しみ」や「節約達成感」等がこういったスペシャリスト(マニアか?)を育んでいるんでしょうね。

でも考えてみれば、これって今に始まった訳じゃなく昔からありましたよね。
「精進料理」に始まり「豆腐ハンバーグ」や「ピザトースト」等々。
それぞれの誕生理由はともかく、食に対する情熱(執念?)が
今の食文化を発展させてきたんでしょう...多分ね。

ちなみにCookPadやネットで「なんちゃって(料理)」を検索するとかなりのレシピや裏技的なものが見付けられます。
不景気や節約志向の昨今。販促に役立ててみてはいかがでしょうか?

なんちゃって.jpg
posted by SCW at 18:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース

2011年08月24日

安心の福島野菜

放射能汚染の風評被害で大ダメージを受けた東北の農産物ですが、東京に力強い味方が登場しますexclamation

放射能測定器を導入した野菜売り場 『福島さんの野菜』を新設

内容としては、カタログ雑誌「通販生活」を発行している「株式会社カタログハウス」さんが直営店「カタログハウスの店(東京店)」の野菜売場に本格的な放射能測定器を導入し、「福島さんの野菜」として今週金曜日(2011/8/26)にOPENするそうですわーい(嬉しい顔)

店内イメージ.JPG

これは、福島県の野菜生産者グループである「株式会社ジェイラップ」さんとのコラボ企画で、コンセプトは「福島の野菜を食べよう」と言うもの。
日本の暫定基準値と、ウクライナ保険省が採用する基準値に基づいて検査し、海外の厳しい基準値もクリア出来るものを販売して消費者にとって安心・安全な状態で販売出来るように努めていくとのことですひらめき

ポリシー.JPG

開始時の取扱い品目はブルームきゅうり・みにきゅうり・トマト・ベビーリーフ・ミニトマト・茄子・じゃがいも・ピーマン・玉ねぎ・つるむらさき・かぼちゃ・枝豆・いんげん・長ネギ・桃・トウモロコシの計16品目で、これから随時追加予定だとか。

国内基準の検査だけでなく、海外の基準もクリア出来ると言うことが広く知られれば、福島県産野菜だけでなく東北全体のイメージ回復に繋がりそうですね。
このお店も、復興の足がかりになってくれることを祈りますexclamation×2



ニューホープ
posted by SCW at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース

2011年08月17日

ご当地自販機?

今回は、ご当地ならではexclamation
って感じの自販機の紹介。

「フランスパン自販機」を試す、3分足らずで焼き立てのフランスパン。-ナリナリドットコム-

なんとフランスパンの自動販売機です。
設置場所はパリ。まさに本場って感じですねわーい(嬉しい顔)

何でもパン屋を営んでいるJean-Louis Hecht氏が、閉店後の夜中にフランスパンを欲しがるお客が多いことから始めたそう。
パン屋さんのパンっていうだけでは無く、一部調理済みのパンの種を自販機に仕込み、コインが入ると一つ一つ焼き上げると言う本格派。
(焼き上げ時間約3分)

フランスパン.jpg
焼き上がりの様子

お値段も手頃に1ユーロexclamationフランスでは個人経営のお店が19〜21時までにはほとんど閉まってしまう(しかも定休日が多い)ので、これはありがたいです。
バカンスシーズンの8月にパン屋がほとんど閉まることを考慮しての設置となりました。


動画。

実はパリに設置されたのは2台目で、1台目はフランスホンブルクハウトというところで今年1月に設置されており、1ヵ月に4500本近く売れているそうひらめき
フランスに行く機会が有れば、お店のフランスパンと食べ比べしてみたいです。





「自販機と言えば日本でしょ」と思っていたものの、海外にこんなユニークな自販機があるのに驚き少し調べてみたところ、むしろ海外の方がユニークな自販機が豊富でした。
その中から少しご紹介。

友情を確認できるコカ・コーラの自販機登場――Coca Cola Friendship Machine

高いコーラ自販機.jpg

このコカコーラの自販機、コイン投入口が高い位置にあり一人ではどうにも届きません…
ですが、友人等と協力して購入する事が出来たら1本の値段で2つのコカコーラが手に入ると言う物。
(はしごを使って購入する人もいそう…がく〜(落胆した顔)


動画。



すぐにでも結ばれたい人に――“結婚式”ができる自販機

結婚自販機.jpg

たった1ドルで、近いの言葉のアナウンス・結婚証明書(非公式)・2個の指輪が出てきます。
子どものごっこ遊びには凄い喜ばれそうですね〜わーい(嬉しい顔)




僕の地元、兵庫県にも焼肉のタレの自動販売機が有るのですが、話題性で海外の自動販売機に勝てる気がしません。
自販機は、日本が最先端だと言う認識を改めさせられました…ふらふら

ニューホープ


関連記事
コカ・コーラ、ベース&フレーバーを選べるディスペンサー

カットリンゴの自動販売機!

デジタルサイネージ自販機

バナナの自販機

自動販売機でふるさと納税
posted by SCW at 08:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース

2011年08月11日

流通大手

店舗はLED化が進み、どんどん効率を求めて改善されていきます。
いまやどの企業さんの目もそこに向いていると思います。


そんな中で、ふと。

家に帰ればトイレの電球が未だに白熱球だったり・・・
キッチンの手元灯は蛍光灯でよく切れる・・・


節電の社会情勢も後押ししているので、家庭でもLEDが進んでいますが、未だアパートやマンションを見上げると通路・階段灯は蛍光灯が健在です。



そんな中、本当にお手軽な家庭のLED化に流通大手のセブン&アイが手をかけました。

今日のニュースによると、これまでの市場価格比半分(税込価格:1,280円)となる高光量の「セブンプレミアム LED電球」を発売するそうです。

427864_c450.jpg

8月16日からセブン−イレブン・ジャパン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートにて、また、そごう・西武、シェルガーデン、ロフトでは9月中旬を発売予定としているとのこと。
寿命は40倍以上なので、長い目でみるといくら安く白熱球を買ってもオトクです。

流通大手の取り組みとしては、昨年の秋にまず西友が低価格LED電球の販売を開始し、それに続いてイオンがトップバリュのLED電球を発売、そして今回のセブンプレミアム。市場に出回る数が多くなる分、値段も徐々に下がってきています。


東芝はすでに白熱灯の生産を中止していますが、トイレや洗面所の白熱球を見なくなる日もいよいよ近いんじゃないか?と思わせてくれるニュースでした。


もうこれからは白熱球の買い換えはコンビニで、LEDですね。

この勢いで、格安で家庭用蛍光灯代わりのLED球も出して欲しいです。



ヨシイクゾウ
posted by SCW at 20:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース

2011年08月07日

話すエコ住宅!

今年は例年以上に「エコ」に対する注目が集まっていると思います。

そんな中こんなエコ商品(物件?)の記事を見つけました。

制御室のロボット - 写真素材
(c) jun写真素材 PIXTA


話せばわかる「節電ロボ」付き住宅 三洋ホームズが発売 -SankeiBiz-

タイトルだけでもかなり凄そうなのですが、記事の内容としては

家庭内の消費電力を制御する次世代型住宅「スマートハウス」の開発が進む中、三洋ホームズさんが”住人と音声でやり取り出来る家庭用ロボット”を備えた制御システム「未来家族」を発表したということでした。

サンゾー君.png
直径22cmの球体型ロボット「ミライサンゾー」君

IT技術で一括制御された機械は、操作が難しいとおもわれがちですが、操作をこのロボット「MIRAI SANZO(ミライ サンゾー)」くんに任せ、しかも話しかけるだけで行ってくれるとうことらしいです。

例えば、室内が暑いと感じたときにサンゾーくんに「リビングエアコンON!」と言えばエアコンをつけてくれます。
もちろんタッチパネルでも操作でき、簡単な会話も交わすことが出来るとのこと。
携帯でも操作可能で、外出中に「エアコン切ったかな!?」といった時に重宝しそうです。
単純に住居の機械制御を一括で行ってくれるだけではなく、現在の電力使用量や、蓄電池の停電時などの使用方法などもデータ管理してくれるそうです。

しかも電力を使い過ぎると怒ったりもするそうで、まさに未来型の家族という感じです。


ただサンゾー君がもう少しデザイン性を求めてしまうのは僕だけでしょうかふらふら
幅広い人から受け入れられるシンプルさを追求した結果なのかもしれませんが、「ついにドラ○もんが実用化し出したのか!!」とワクワクしていた僕には少しもの足りませんでした。

ただ性能としてはかなり高度な物で、若い世代の人よりむしろ機械操作に慣れていないおじいちゃんおばあちゃん世代におすすめしたいと思いましたexclamation

ちなみに8/31までモニターを募集しているそうで、一度サンゾーくんとふれあってみてはどうでしょうか?
将来僕が家を購入する頃には、猫型ロボットが開発されていることを祈っておりますわーい(嬉しい顔)



ニューホープ
posted by SCW at 13:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース

2011年08月04日

メイクでオトク

大阪は本日も晴天。打合せに出ていましたが、あ..暑い。。

出先の待ち合わせも、クーラーの効いた所をついつい選んでしまいます。


「クーラーで涼みにちょっとどこかに入ろ・・・」
そんな感覚ですごく女性に優しいサービスを見付けました。


今月1日から16日まで、阪急百貨店うめだ本店の化粧品売り場で、14時〜と、17時〜の時間帯に来店を促す無料キャンペーンが始まったそうです。

電力需要ピークの時間帯に、家庭でクーラーを使わず「百貨店で涼しく過ごしてほしい」という企画で、14時〜は主婦を対象にした「2時からいいこと」キャンペーンを展開。

眉メークアドバイス、トリートメントオイルを使ったハンドマッサージ、毛穴・テカリすっきり体験、フットクイックマッサージなどのプロの技を各15〜30分無料で体験することができるそうです。


また、サマータイム導入やシフト変更などで退社時間が繰り上がるOLをターゲットにした「5時からいいこと」キャンペーンでは、ベースメークお直しサービス、頭皮のリフレッシュ、ハンドマッサージやメークなどのサービスが実施されているそうですよ。

広報担当の方も「化粧くずれが気になる季節なので、お出かけ前に利用してもらえれば」という考えとのこと。


単に涼めるだけでも嬉しいこの季節。ディナーの前に寄ったり、お買い物ついでにフラっと立ち寄れることが好評のようですが、このキャンペーン知ってても混むこを恐れて口コミでなかなか広まらない様子(笑)


女性の欲はすごいですねわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)


ヨシイクゾウ
posted by SCW at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース

2011年08月03日

禁煙化

先日、阪急電鉄と阪神電鉄から、全ての駅を9月1日から終日全面禁煙にすると発表がありました。

7103b92c5B15D.gif

両社とも、朝夕のラッシュ時間帯は全駅を全面禁煙に、それ以外の時間帯には駅ホーム上に喫煙コーナーを設けて分煙に取り組んでいました。
しかし、両社への全面禁煙を希望する意見や要望が多いことや、沿線自治体による受動喫煙防止の条例化に向けた動きもあることなどから、終日全面禁煙を決めたそうです。
また、同じ私鉄の南海電車は4月からスタートしています。

大阪でもいよいよ外で吸うところが無くなってきていますね。

ボクは吸わないので嬉しくもありますが、吸う人からすると税率の引き上げなど良いことは一つもありません。


お手伝いしている企業でも、スーパー内の事務所や従業員休憩室でも分煙しているところが有ります。

近年OPENの商業施設でも喫煙ルームが設けられ、分煙化しているところがほとんどですが、そうこう言っているうちに分煙すら無くなる勢い?!


「分煙か、禁煙か」
これからも店舗開発においてよく議題に上がる項目となりそうです。


ヨシイクゾウ
posted by SCW at 19:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース

2011年07月05日

もしもの時の、水電池!

今年は6月から異常とも言える気温になっていますね。
何日も連続でこんな始まり方で申し訳ありませんふらふら

まだ梅雨明けもしていないのにどんどん暑くなっている様な気がしますあせあせ(飛び散る汗)
ちなみに平年の大阪の梅雨明けは、7月21日です。(気象庁、1981-2010年平均値データ)
今年は梅雨入りが早かったため、実際の梅雨明けは不明ですが…


ただ、梅雨が明けて夏本番になってくるにつれてクーラー等の使用電力が増え、供給量が超えてしまうと大規模な停電が予想されています。
それに備えて関西電力圏内も7月1日から節電を呼びかけ、色々と努力をしている方もも多いと思います。

ただ、電気予報を見ているといつ100%を超えるか分からない状況ですよね。


もし停電になった時、頼りになるのは電池ひらめき
明かりをとったり、ラジオにつかったりと停電時の必需品とも言えるのでは無いでしょうか。

今から買いだめしている方も少なく無いと思います。

東北地方太平洋沖地震が起きて電力が不安定になり、それを補うため計画停電を行われました。
その時、一時期市場で電池が品薄状態になり、それに便乗した悪徳業者が現れてネット上で電池四本1万5千円という値段になってしまう事も有りました。

今の内に買っておくのは良いと思うのですが、電池は常に放電しているので結局使わなかったりするとどんどん寿命が縮まってしまい、いざ使う時になるとすぐに電池が空になってしまう。というのは避けたいところです。



そんな問題を解決してくれるのが、文具・事務用品などを販売しているナカバヤシが販売している「NOPOPO(ノポポ)」という電池。

NOPOPO.jpeg

これは本体についている穴に水を入れると発電を始めるという水電池という物です。

特徴としては
・水を入れてから発電するので、長寿命(未開封で約20年)
・水はH2Oを含むものなら何でも良い(ジュース・ビール・尿・唾液等)
・重量は従来の単三電池の60%の約15g
・有害物質を含まない(一般不燃物として廃棄可能)

軽量で長寿命なので大量備蓄が可能ですねexclamation
非常時でも唾液等身近なもので発電出来るので至急必要な時でも安心出来そうです。

ただ、少し注意すべき点があります

・他の乾電池と組み合わせて使用出来ない
・アルコール度数の高いものは能力が低下する(H2Oの含有率が低いため)
・H2Oの純度が高いほど能力は上がる
・1回の注水では発電仕切れないので、使いきるためには何度か注水が必要
・消費電力が大きい機器には向いていない

といったところです。

ナカバヤシさんではNOPOPOとあわせて販売している防災グッズなどもあり、そちらも一度チェックしてみてはいかがでしょうか。




ニューホープ
posted by SCW at 19:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース

2011年06月25日

ちょっとイヤな発表だな。

暑い暑い。
節電節電。
世間は「節電ビジネス」が「熱い」ようですが、産業技術総合研究所からこんな結果報告が発表されました。

夏季における計画停電の影響と空調節電対策の効果を評価

これ、電力不足の軽減策としてすでに各企業・自治体など多くの企業が導入しているサマータイムや地域のイベントなどで行われる昼間の打ち水が、結局は電力消費の低減にはつながらず、かえって消費を増やしてしまうことさえあるというものです。

詳しくは、関連HPで確認して下さい。
EX. http://gigazine.net/news/20110624_aist_power_saving/
※いつもの生活の中では、気持ちや心がけを尊重したいですが、状況が状況だけに今一度真摯に考え直してもいいのかも。

普段の節電努力として、家庭では「窓から差し込む日光を遮断」「通風換気」「エアコン設定温度の引き上げ」という3つの節電対策を、業務ではこれらに加えて機器・照明の節電も追加すれば、15%の節電が達成できるそうなのでオーソドックスな行動がいいみたいですね。

こんなところで水を差されても気温は下がりません。
あしからず。


写真素材 PIXTA
(c) MAI★KO写真素材 PIXTA
posted by SCW at 17:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース

2011年06月24日

ペットボトルがセメントの代わりに!

写真素材 PIXTA
(c) しょう写真素材 PIXTA


少し前なのですが、ペットボトルの材料であるPET(ポリエチレンテレフタラート)と土を混ぜた「Plastisoil」という素材が発表されたそうです。
※ちなみに「Plastisoil」は商標登録済み。

元ネタ↓
ペットボトルでできたセメントのような道路舗装用の新素材、水害を防ぐ効果も -Gigazine-


ペットボトルを原料にしていることから水を通さないセメントのような役割を果たしますが、さらにコンクリートを作る時に混ぜる粗骨材を混ぜて加熱するとコンクリートやアスファルトのように水を通す素材としても使えるらしいです。

道路や駐車場の舗装としても、堤防やダムの防壁にも使える上に処分されるペットボトルを削減する事も出来ると言った環境にも優しい新素材ですねわーい(嬉しい顔)

3万本のペットボトルから1トン作る事が出来、しかもセメントやアスファルトと比べて生産時のエネルギーが少なく、価格も既存の素材より安く出来るようですexclamation


platisoil03_m.jpg

「PLastisoil」に祖骨材を混ぜて、アスファルト風にしたものに水をかけているところ。

platisoil04_m.jpg

高い浸透性なのであまり広がらずに地面に吸収されます。洪水などでも安心です。


現在ではPET素材以外のプラスチックボトルも原料に出来るように研究を進めているそうです。
もしこのような安価で環境に優しい舗装材が一般化してくれると、震災などの災害が合った時でも復旧がスピードアップするのでは無いでしょうかふらふら

ただ、この「PLastisoil」自体を処分したい時、再利用可能なのかが気になるところです。いずれ廃棄しなければならないのならば、土などが入っている分原材料より量が増えていますし、地球の綺麗な土が減ってしまいます。
長い目で環境に優しい素材で有ることを願います。


ニューホープ
posted by SCW at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース

2011年06月22日

Enjoy!(   )Energy.

大阪は今日も湿度が高く、非常にムシムシします。
こんなときは思わずクーラーのリモコンに手が伸びてしまいますが、なるべく我慢しなくては!ですね。

さて、昨日も節電に関する記事でしたが、今日も引き続き節電に関する話題をひとつ。

今、無印良品で「Enjoy!(   )Energy.」というプロジェクトが行われています。
これは、原発事故によって人々の「電力」に対する意識が変化する中、様々なクリエーターに呼びかけを行い「スマートエネルギー先進国」になるためのアイデアを提供してもらうというものです。

詳細はこちら→ http://www.muji.net/lab/energy/?sc_cid=em-cmr-mujinet-C110622_04


(  )の中に、それぞれが思う単語をあてはめ、スケッチやCGでイメージを表しています。
実用的なものから、心理的なものまでさまざまですが、「なるほど!」がたくさんあります。

個人的には「電力量が見えるシール」が気に入りました。

これでもか!とスイッチをかたっぱしから切ったり、「節電・節電!」と耳が痛くなるほど言われると心がギスギスしてしまいそうですが(もちろん行動は大切です・・・)、家庭レベルだったらもっと柔らかい考え方でちょっとしたムダを省くだけでも節電につながると思いました。

昨日の大阪府知事と関電社長の会談で、知事が関電に対して「電気予報(供給状態を知らせるもの)」を流すよう注文したそうですが、シールと同じように「目に見える」ようにするのはとてもいい案だと思います。

問題は大きいですが、悲観的にならずにできることをやっていくことが大切です。

こうしたことを考えるきっかけになった事故事態は許し難いものですが、今気付けたことがせめてもの救いだと思いたいです。

写真素材 PIXTA
(c) hashimoto写真素材 PIXTA

posted by SCW at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース

2011年06月20日

一度やってみたかったこと

またもや大阪ご当地ネタですが、インターナショナルワークショップフェスティバル2011『300DOORS』をご存じでしょうか?

簡単に言うとワンコインワークショップ。

今年は332講座、17カテゴリー(調理系、映画、アニメ、建築、街あるき、演劇、ダンス、科学、美容など)の中から好きなものが参加費500円(材料費が別途必要な講座あり)で受けられるというもの。

この『300DOORS』は、LLPアートサポート、大阪21世紀協会、大阪市で構成するIWF実行委員会が主催で今年で5周年。大阪各地で期間内に開催されます。



それが何なの?と思われてしまいそうですが、受講内容がとてもユニークです。



東急ハンズ梅田店での「親子で作る木工教室」や、弁護士による「実例で学ぶおもしろ法律講座」、駅員や車掌、自動放送のものまねをする「みんなでものまねしてみよう−鉄道編−」といったものから、

元ニュースキャスターの平松邦夫大阪市長が人にわかりやすい話し方や人を不快にしない接し方などを伝える「話すということ」を開講したり、大阪市交通局とコラボレーションし、「ノーマイカーフリーチケット」「共通一日乗車券」「夏休みきっぷ」購入客に乗車券ケースを配布。ケースの提示でワークショップが100円引きになるほか、1枚につき100円を被災地に送るなどなど・・・

大阪が町ぐるみで開催しています!


個人の講師としては、61歳からプロになり口笛世界3位のもくまさあきさんによる口笛講座「口笛もくさん直伝!ホーホケキョの極意!」といった、一度やってみたかったことがたくさん有ります。




会場は、大阪市役所、大阪市中央公会堂、芝川ビル、東急ハンズ梅田店、メビック扇町、大阪市立芸術創造館・旭区民センター。


いくつかの講座内容はユーストリームやツイッター、フェイスブックを使ったプロジェクト「ソーシャルネットワーク大阪」で配信するとのこと。流石、大阪知事も市長もツイッターやってるだけありますね。




友人も例年参加したり、今年は出かける際にチェックして行こうと個人的にも楽しみですわーい(嬉しい顔)

1308558011_photo.jpg

今年は7/16〜8/9まで。こちらのサイトから要チェックです。



ヨシイクゾウ
posted by SCW at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース

2011年06月17日

台湾・DEHP事件 リアルスコープ<後編>



『台湾・DEHP事件 リアルスコープ<後編>』


また、ミキサーだけでなく、新鮮な果物もDEHPの影響で売価が高騰している。

台湾-4.jpg

今年の葡萄は雨が少ないため、生産量は以前より3割増しになったが、DEHPの影響で売価は10〜15元上がった。


一方、セブン-イレブンは台湾製商品全アイテムを見直すことになった。しばらく台湾製商品の販売をやめ、欧米商品を切り替えにするそうだ。
(親日家の台湾で日本製品が出てこないのはやはり風評被害の影響だろうか…)

DEHP事件で衝撃を与えられたのは小売業だけでなく、輸出業も波及した。香港、カナダ、中国、アメリカ、マレーシア、オーストラリアなどの国はMITに対する商品を厳しく検査、管制することになって、世界における台湾の印象はマイナスになり始めた。

台湾で可塑剤汚染の調査が進むに伴い、今回の騒ぎは焼き菓子業界にも広がっているそうだ。
汚染源の一つはイク伸香料公司(イクは日の下に立)が可塑剤を含んだ香料を台北市と台中市の焼き菓子業者に販売し、業者が菓子パンを製造したことだ。
台湾地区の焼き菓子業者は説明に追われた。調査結果が最終的にどうなるにせよ、多くの消費者が不安を抱える情況は変わらない。

台湾-5.jpg

パン業者はSGS(世界最大級の検査及び審査登録機関)の証明書を貼っても、売り上げは6割落ちたそうだ。


今回のDEHP事件で、消費者が食品業界や食品の安全管理に対して重大な懸念を抱くようになり、信頼の危機を迎えている。
政府も信頼を回復するために色々対策を立てており、新しいDEHPと戦うスローガンを打ち立てた。

それが次の「5少5多」だ。

<5少>

1.PP(プラスチック類)に関わる商品を少なめに使用・避ける。

2.香料を入れた化粧品、香水、スキンケア用品、日用清潔品などの使用を避ける。

3.加工されたジュースや食品などの飲食を避ける。

4.動物の脂肪、内臓の食用を避ける。

5.必要でない保健食品や薬品の食用を避ける。


<5多>

1.よく手を洗う。

2.瓶・缶飲料のかわりに、よく水を飲む。

3.新鮮な果物や野菜をたくさん食べる。

4.よく運動して、新陳代謝を促進する。

5.新生児はたくさん母乳を飲む。



まだまだ事件は終わりを迎えそうにないが、今回のDEHP事件で台湾食品は添加物に依存しすぎると分かった。
しかし、DEHP事件のお陰で台湾人も体調管理を重視し始めた。
飲料店に並ぶ人々の姿は消え、街には自転車に乗ったり、ジョギングをしたりする人々の姿を見かけるようになった。

この事件を逆手に考えれば、「良いこと」があったと受け取れるかもしれない。

-終-

現地レポーター様、リアルなレポート有り難うございまいした!


日本のすぐそばの台湾でこのような事件が起こっていることをどれだけの人が知っているでしょうか?
またこれを知ったところで、「台湾製=キケン」というイメージが付いてしまうと思います。
日本で起こっている風評被害も同じことだと思います。
でも、この事件や今回の震災によって、当たり前である「安全」が脅かされたとき、普段は目に付かなかったことに気付くことができるということも分かりました。

昨日のカンブリア宮殿で「これだけ飽食の時代だから、食糧危機でも起こらないと食糧の大切さが分からないんじゃないか」と村上龍さんが言っていましたが、本当に実際に起こってからでないと気付けないようになっているのかもしれません。

皮肉ですが、こうした出来事を警鐘だと受け止めて学んでいくことが必要ではないでしょうか。

1日も早く事態が沈静化することを祈って、自分たち自身も教訓にしなければいけないと思いました。

posted by SCW at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース

2011年06月16日

台湾・DEHP事件 リアルスコープ<前編>

先日取り上げた「台湾・DEHP事件」の続きです。
現地特派員によるリアルなレポートが届きましたのでご紹介したいと思います。


『台湾・DEHP事件 リアルスコープ<前編>』

台湾でDEHP(フタル酸ジ-2-エチルヘキシル)事件が発生してから約一ヶ月が経つが、連日新聞やマスコミのトピックスで大々的に報道され、まるでドラマのように新しい事件が起きている。
日々、MIT(Made In Taiwan)商品に対する信用がなくなり、消費者及び各関連業者にも大きな衝撃を与えた。

これから飲料が一番売れる時期になるが、事件のために売上げは2〜3割落ち、飲料市場にも約5億元(およそ16.5億円/1NT$=1元≒3円)の損失があるそうだ。

4月に衛生署食品薬物管理局は「偽造薬取締」という計画を行い、地方衛生局に送られてきた市販の乳酸菌を検査したところ、「DEHP」という違反添加物が混入していることが判明した。そこから緊急に原材料を調べ、事件が明らかになったのは5月23日だった。

事件の元になった添加物「起曇剤」とは一種の乳化剤で、主に飲料やゼリーに常用され、製品の油と水分が分離するのを防ぐ。
合法的な起雲剤の原料はアラビアガム、乳化剤、パーム油、ヒマワリ油などだが、不法なメーカーが起雲剤製造の際にコスト削減のために、コストが5倍するパーム油の代わりに「可塑剤(DEHP)」を使って暴利をむさぼったのだ。

台湾政府当局は「D-DAY(当局の査察)」を呼び、いわゆるスポーツ飲料やジュース、茶飲料などの5種類の食品に対して5月31日0時までに「可塑剤」を含んでいないことの安全性を証明するよう要求、できない場合は全て売り場から撤去するとしている。

衛生署食品薬物管理局の資料によると6月15日まで関連メーカーは299件で、撤去した商品は999件だと分かった。その中に大手メーカーと有名なチェーン飲料店も巻き込まれていることも分かった。

台湾-1.jpg



コンビニエンスのセブン-イレブン(日本の資本とは異なる)や量販店の飲料売場では各メーカーが提供した「安全証明書」が貼られている。

証明-1.jpg

証明-2.jpg

証明-3.jpg

D-DAYを実行した日には、冷蔵ケースにメーカーの安全証明書がいっぱい貼られているため商品が見えない。



1人当たり1日3杯の飲食習慣を持っている台湾人は、DEHP事件のために消費習慣を変えざるを得なくなり、好きな飲料を購入することをやめ、買い物の際には商品の成分と安全証明書をチェックするようになった。

台湾-2.jpg

買う前によく見る・チェックするのが今の常識。


しかし、このDEHP事件によって話題になった商品がある。

それは「ミキサー」だ!

量販店は「自家製ジュースをつくりましょう」という新しい販促方法で、自分で新鮮な果物を買ってきて、自宅でミキサーを使って安心安全健康な搾りたてのジュースを楽しめることをアピールし始めた。

店頭に大きなポスターを貼って、各メーカーのミキサーと旬の果物などを一緒に陳列したところ、ミキサーの売り上げはこれまでより1.5倍程成長したそうだ。
果物が一番多くておいしい季節をうまく利用して、恐ろしいDEHPと戦う一番いい方法ではないだろうか!?

台湾-3.jpg

量販店の売場では「ミキサーを買うと、丸ごとスイカをサービス」とした販促で売り上げを延ばした。

・・・後編へつづく

posted by SCW at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース

2011年06月15日

飲食関連いろいろ展示会


今更の情報ですが、昨日14日から明日16日までインテックス大阪にて

<Noodle WORLD KANSAI 2011>
1)第4回 関西うどん・そば産業展
2)第4回 関西ラーメン産業展
3)第1回 関西パスタ産業展

<INTRER-FOOD KANSAI 2011>
1)第2回 関西居酒屋産業展
2)第3回 関西店舗環境改善展

と、

第2回 省エネ・省CO2コスト削減対策展

第1回 関西フランチャイズEXPO

が、『西日本の外食・小売業界から日本を元気に!』というテーマの元、過去最大・西日本最大規模で一斉開催されています。


「Noodle〜」では全国から麺類が勢揃い、「INTER-FOOD〜」は様々なドリンクメニューが集結。
その他、農・畜・水産物や加工食品、調味料やデザートなどの食材が展示されているゾーンと、店舗のハード的な面や販促についての提案が行われているゾーンがあり、外食・小売業の様々な面で発見が期待できそうな展示会です。

SCWは明日16日に行く予定です。

ギリギリですが、もしご興味のある方がいらっしゃれば・・・と思い掲載してみました。

同時開催イベントで、

女性のための飲食メニュー2011 in KANSAI

も行われています。

飲食店における「女性のお客様」を意識したメニューが一同に集結しているそうなので、女性の集客UPを考えている方にはヒントになるかもしれません。

写真素材 PIXTA
(c) yam写真素材 PIXTA



詳しくはこちらでご確認下さい↓
http://www.noodleworld.jp/osaka/


※ちなみに10月には横浜で開催されます。
http://www.noodleworld.jp/
posted by SCW at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース

2011年06月14日

変わりゆく梅田

大阪ローカルネタですが、梅田がほんと日に日に変化しています。

先月OPENした三越伊勢丹、ルクアはJR大阪駅に併設されているということで人が絶えませんし、阪急・阪神百貨店や大丸のリニューアル、NU茶屋町にもNU茶屋町+(プラス)という施設が増え、どんどん活気が増していますぴかぴか(新しい)



そして今週末の6/18、JR大阪駅高架下の旧GARE(ギャレ)がALBi(アルビ)という施設へ新装OPENします。


1305869456_photo.jpg 1305869247_b.jpg


GAREはあまり大阪人以外には馴染みがないかもしれません。
繁華街とは逆に位置していることも関係があるのでは?とも思いますが、改装以前は老朽化も進み目立った店舗も少なく人足が遠ざかりつつあったように思います。

しかし、今回のリニューアルはGARE時代の強みの一つでもあったアウトドアブランドに絞ったアパレルの展開に加え、西梅田エリアで働く人や学生などターゲットを広く設定し、デーリーニーズをサポートする店舗を追加。

スーパーも「成城石井」の出店、ビッグビーンズのパンやジュノエスクベーグルを提供する初出店の「ミキヤコーヒー」など食料品・飲食店にも力を入れているようです。



大阪駅前が華やかになったので地方から見に来られる方も多いかと思いますが、チラっとALBiも寄ってみては如何でしょうか。

S.C.WORKSも「成城石井」、「ミキヤコーヒー」を重点にチェックしにいきますひらめき



ヨシイクゾウ
posted by SCW at 09:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース

2011年06月07日

カットリンゴの自動販売機!

地下鉄なんば駅の近くにあるスーパー、「ライフなんば店」さんの店頭にカットリンゴ専用の自販機が設置されましたexclamation

6月2日から設置されたリンゴ専用自販機は、東京の霞ヶ関駅に続き日本で2台です手(チョキ)

以前、バナナの自動販売機の記事を書きましたが、フルーツ自販機、ジワジワ増えてきていますね〜わーい(嬉しい顔)

早速買ってみました。
※撮影許可は取れたのですが、ブログアップの許可は下りなかったのでどんな機体か知りたい方はこちらをご覧ください。
(製造元のMVM商事さんのブログです。)


商品はこんな感じ。皮あり、皮なしの二種類があったのですが、今回は手軽な皮なしを購入。

P1170677.JPG


青森産のリンゴのみを使い、食べやすいサイズにカットした物がパッケージされており、ひとつ180円(80g)です。
だいたい1/2個ぐらいです。
賞味期限は11日間で、カットされたリンゴなのに賞味期限が長めなのはビタミンCやカルシウムで変色と傷むのを防いでいるからです。
(もちろん安全なものを使っています。)


でも、こういったものって買ってすぐに食べることが多いと思うので、僕としては賞味期限は当日でも良いので鮮度と味にこだわって欲しいところですぴかぴか(新しい)

実際にそうすると廃棄コストが増えメンテナンスが必要になるので難しいでしょうし、設置されているライフさんにカットフルーツが販売されているので鮮度を気にする人はそちらを買いそうですあせあせ(飛び散る汗)
今がちょうどいいバランスなのかもしれませんね。



やはり自販機特有の気軽さと素早く買える点は素晴らしいですね。利用したい人は多いのでは無いでしょうか?
実際僕が撮影している間も3人ほど買って行きましたexclamation
ライフさんのベーカリーコーナーも今年3月頃から開店時間を朝8時に早めているので、焼きたてパンと新鮮な果物で、ビジネスマンに優雅な朝食を提供してくれる事でしょうひらめき


ちなみにカットリンゴ3号機が、6月8日に東京の霞ヶ関駅exclamation×2(違う出口に設置されます。)

リンゴ、バナナと来ているので次は少し高級志向でメロン自販機なんかがでるかもexclamation&question
最新情報を仕入れたらまた、報告させて頂きます!

ニューホープ
posted by SCW at 20:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース

2011年06月02日

7&i リニューアル

2010年2月から開始したセブン-イレブンブランディングプロジェクト。

先日、クリエイティブディレクターの佐藤可士和氏がデザインした新ロゴの発表がありました。(佐藤可士和氏←デザイン業界では超有名人)

001l.jpg

え?変わった?と一瞬違いが分かりませんでしたが、新ロゴは正方形に収まる形になったようです。正方形だと様々なデザイン展開がしやすいそう。


また、すでに新ロゴのあるセブンプレミアムやセブンプレミアムゴールドといったPB商品もロゴがリニューアルです。

a0.jpg  002l.jpg



他にロゴだけでなく、1000点の商品群のパッケージ写真のディレクションや、バーコード、値段、成分を表記するラベル、「やけどに注意」などのアイコンまで、整理・デザインを重ねているようです。



1000点を1年間ということは、1日3デザインの完成を毎日くらい・・・?

1人で全部するわけではないはずですが、デザイン管理だけでも大変ですねあせあせ(飛び散る汗)


最初のデザインと1年後のデザインはブレないように、シンプルなものや、幾つかのパターンにはまったものが出来るのか?

いずれにしろ、日に日に身近なコンビニの商品パッケージが変わっていくのは楽しいですね。


名作が生まれる事を期待したいですぴかぴか(新しい)



ヨシイクゾウ
posted by SCW at 19:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース

2011年05月31日

食の安全

「フクシマ」以降の食品に対する日本の事情は変わりつつありますが、やはり日本は食文化で世界をリードしていることに違いありません。
だからこそ、風評によるジャパンブランドの衰退(途上国の躍進か?)や復興までの不安感、景気減退、等々の困難を乗りきって「強い日本!」を早く実感したいです。


さて、弊社の仕事でも馴染みの深い台湾ですが、なんと先週に食の大スキャンダルが発覚しました。

みなさん「DHEP」ってご存じですか?
可塑剤DEHP(フタル酸ジ-2-エチルヘキシル)


これ、有毒の発ガン性物質でプラスチックやビニールの加工時に使うやつ。
柔らかくしたり、均一に混ぜた状態が維持できるようにしたりすることが出来るらしい。

詳しくはこちらを Wikiリンク
フタル酸ビス(2-エチルヘキシル) - Wikipedia

これが、現在台湾で市販されている多くの食品や飲料(有名どころ)、ジャム・ゼリー、果汁粉末、それに錠剤の薬やカプセル等々に起雲剤として混入されていることが発覚されました。

台湾では連日大騒ぎらしいですが、日本ではほとんど報道されていません。
が、よくよく探してみたらありました。サラッと紹介程度で。

発がん性物質入り台湾製飲料、中国本土輸入分を回収へ―中国 (Record China) - Yahoo!ニュース

仕事でも縁のある台湾での出来事ということもあり、「フクシマ」同様、我が国のことと思い心配しております。
中国での「爆弾スイカ」のようなことは決して起こしてはいけません。

レコードチャイナ:畑でスイカが爆発!「最新の食品安全スキャンダル」は生長調...

いや、あってはならないのです。

私自身台湾が大好きです。台湾ブランドを応援しています。
でも風評による「ひとくくり」のイメージダウンは計り知れない事でしょう。
日本同様これからが「試される」時期になると思いますが、粘り強く、真面目にこつこつとを忘れずに「立ちあがれ台湾!」ってエールを送ります。

もちろん私たちも
「みていろ世界!これが日本だっ!」って言えるように前進あるのみです!

写真素材 PIXTA
(c) Rich氏写真素材 PIXTA
posted by SCW at 19:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巷のニュース