2008年08月22日

ランチパック ウキウキわくわく

わくわく宝島 限定らしい。

LP-2.JPG

LP-1.JPG

LP-3.JPG

3種類のパッケージ中、2種類だけ発見。
posted by SCW at 09:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食い道楽

2008年08月21日

塩グミ・・・?

お盆休みを頂き、オランダに行って参りました。

DSC07407.JPG
事務所にお土産として、オランダ人が好きだという、塩味の黒いグミのようなもの、、、を持って帰ったのですが。


大不評。笑


3人中2人が途中で吐き出してしまいました。
頑張って5噛はできたそうです。。。


ま、まぁ、ちょっと予想はできましたが、個人的には結構ハマる味だと思います!


オランダ語は分かりませんが、表には『Munten drop』と書いてあります。
旅行のガイドには『「ドロッピェ」といって、塩味のもの』だとあったのですが、現地ではハーブ屋さんに売っていたり、商品の袋には何やら葉っぱと根っこのイラストが。。。

そうです、リコリス(甘草)が入っていたのです!
どおりで袋を空けた瞬間のにおいが複雑でした。

あとなぜかアンモニウムも入ってます。。。

味はご説明しにくいのですが、昆布飴に薬草を混ぜ込んだような感じですかね。
ネットで調べてみると、「オランダ人はみんな好きだけど、オランダ人以外はみんな嫌いな味」と書かれていました。。。


いろいろ種類があって、他のはもっとマシだったかもしれませんふらふら
よく選んでくれば良かった。失敗です!

もし現地に行く際や、日本で見かけた際は、是非お試し下さい。




DSC07400.JPG
ちなみに、スーパーも巡って、エコバッグを何枚かゲットしてきましたので、随時当社HPにある「モノマニア」にアップしていきます!
よければご覧になってくださいね。

mino
posted by SCW at 19:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食い道楽

2008年08月09日

風船型抹茶プリン

成城石井のブログを見ているとなんだかおいしそうなものが次々紹介されています。
ブログを読んだ日に、ちょうど打合せの帰りで前を通りがかったので、記事に載っていた新商品食べてみました。


現在の最新記事「成城石井オリジナル!夏のお供にフルーツゼリー 」から"国産果実のひとつぶゼリー"(左)と、
牧家のプリンに成城石井限定企画!!」からは"宇治抹茶プリン"(右)
DSC07279.JPG



まずは"国産果実のひとつぶゼリー"
原料がすべて国産だそうで安心安全のお菓子です。
ぶどう・りんご・みかんどれもかなり濃厚!とても甘いので1粒で満足してしまうかも(?)
個包装なので女子は(もちろん男子でもOK)カバンに忍ばせておいては如何でしょうかひらめき



そしてもう一つの"宇治抹茶プリン"
これはなかな楽しいものでしたわーい(嬉しい顔)

こだわりの原料については記事を読んでみてください。
なによりその世にも珍しい風船型に惹かれました!
たまご風船アイスはご存知でしょうか?あれと同じ作りなんですが、開け方を一歩間違えるととんでもないことになります。

まず、ブログ通りにお尻を爪楊枝で刺してやると、ツルンッ!と勢いよくキレイな形で出てきましたぴかぴか(新しい)これはほんと大人も大はしゃぎしてしまいます。
DSC07282.JPG
しかし!早まって止め具をハサミで切って出すと、どえらい形状になります笑
DSC07283.JPG
チューっと音を立ててゆっくり出てくる姿に思わず笑ってしまいました笑


早速食べてみましたが、怪我の功名とでも言いましょうか、もともと固めのプリンなので丸い方は歯ごたえがありグニャグニャの方はババロアのようななめらかな食感で、違った味わい方が出来ました手(チョキ)

なかなかアーティステック形状なプリン。ブログの通り『楽しい気分になりたいとき、お友達や家族の笑顔を見たいときに、ぜひ』です!


ヨシイクゾウ
posted by SCW at 18:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食い道楽

2008年08月07日

真夏は蒸し鍋!?

おなかの減りだす時間になりました。

her1.jpg
昨日のMJの最後の頁の話題ですが、最近、『蒸し鍋』を看板メニューに掲げる外食店が増えているのだそう。
こだわりの食材本来のうまみを堪能できる上、従来の蒸し料理から味や食べ方が一段と進化していて、イタリアンやカレーなど多彩なつけだれと組み合わせたりできるところもあるのです。
なにより健康的です!

あまり脂っこい料理が好きでない私は、素材をそのまま生かすこうゆう料理にとても惹かれます^^

目の前の大鍋で沢山の野菜を、甘くなるまで蒸して、沢山の種類のつけだれで食べます!
考えただけでお腹がなりますね。
野菜が中心なので、食べ過ぎても良さそうですぴかぴか(新しい)

なぜ夏に蒸し鍋なのかというと、普通のお鍋は火をつけていなければいけないので空気も熱くなりますが、蒸し鍋なら具材に熱が入れば火を消せますので、今日のような真夏でも、食べるとき暑さを感じずに済みます。
逆に、日々冷房で冷えた体を内側から温めてくれそうでもありますよね。

さらに!蒸し鍋では他の各国料理などと違い、『具材を選ばない』ことが一番の魅力です。
どんな肉も魚も野菜も、そのときの気分でなんでも蒸して食べられます。
気分屋の自分にはもとても理にかなっています。笑


と、、ここまで書きましたが実はまだ未体験。。。
今週の日曜に、梅田の茶屋町に今年2月できたという、東京新丸ビルの蒸し鍋のお店『musmus(ムスムス)』姉妹店、『mus(ムス)』というお店を早速チェックして参ります!

では、いってきます!

mino
posted by SCW at 19:40 | Comment(0) | TrackBack(1) | 食い道楽

2008年07月30日

糖分補給

久々に雨が降ったおかげでここ2日ほど若干暑さが和らいだものの、やっぱり暑い!
汗の量がハンパないです。

たくさん汗をかけば、それだけ体の中の塩分も糖分も出て行ってしまう・・・というわけで、今日は特別に「おはぎ」で糖分補給!
1.JPG

大阪の方ならご存知の方も多いと思う『玉製家』さんのおはぎがどうしてもどうしても食べたい!という社長たっての願いで、ヨシイクゾウくんがひとっ走り。

2.JPG

ここの手作りおはぎは、甘いもの苦手の私も食べられる調度良い大きさと控えめの甘さなのです。

3.JPG

あんこ(つぶ・こしが選べる)ときな粉があるのですが、特にきな粉が好きという人が多いようで、今日もギリギリ売り切れ手前で買うことができました。
あんこもきな粉も中のお餅も「マジうま」です!

6個入り(840円/税込み)から買うことができます。
タッパを持っていけば、時と場合によってそれより少ない量でも買えるそうですよ。

午後2時開店―売り切れまでなので、事前に電話確認をおすすめします!ちなみに今日は6時半ごろに行ってきな粉売り切れでした。ご参考まで。

おはぎと言えば、手作りおはぎで有名な仙台のスーパーマーケット「主婦の店 さいち」さんは、1日におはぎ約5000個、多いときは2万個(!)売るそうですが、原材料の値上げが及ばないことを祈るばかり・・・

ごちそうさまでしたレストラン

FROM:A
posted by SCW at 19:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食い道楽

2008年07月22日

『おつかいもの手帖』めぐり 〜京都編〜

この三連休、みなさんどのように過ごされたでしょうか?

私は昨日、一人でふらりとおいしいものめぐりに・・・
02756784.jpg
昨年出版されたこの『京阪神 おつかいもの手帖』という雑誌を片手に、京都に行ってみました!

とりあえずは歩いて回れる範囲で、烏丸→烏丸御池→御池→四条と、有名な老舗や隠れた名店が点在する京都でも、特に店が集中するゾーンで。

ご存知かもしれませんが京都は相当な猛暑・・・
家から近いというのもあり、何も考えずに昼の3時ごろ京都に到着すると、外は眩しすぎて目も開けられない程のかんかん照り(笑

まず烏丸からトコトコ歩き、烏丸と烏丸御池の真ん中あたりの奥にある、ガスパールザンザンというお店へ。
ここのグレープフルーツプリンが美味しいと評判だそうで。
カラメルがなくって、グレープフルーツの皮から一晩かけてエキスを抽出して使っているとか。
10061299076.jpg

確かに、初めて食べた味でした。大人の味。

次にその店の烏丸御池寄りに位置するシトロンというカフェのレモン風味のシュークリームを目指しました。

shu.jpg
これは非常においしかったです!!
シューはさくっとしていて、レモンの味がする生クリームと、カスタードクリームがいい分量で入っていて、食べると本当にさっぱりさわやか。
久々のヒットです。(こんな探索をしていますが、さほど甘党ではないのです笑)

「シトロン(レモンの意)」というお店だけあって、シトロンの名がつくスウィーツメニューがショーケースにずらりでした。時間もないので昨日はテイクアウトでしたが、今度はカフェも行きたいですね。

P1010017.JPG
かわいいゼリーがあったので撮らせてもらいました。


次に烏丸御池から京都市役所のある御池の方まで足早に歩き、二条御幸町にある柳桜園茶舗という老舗のお茶屋さんに。
ここの目当ては水だしができるグリーンティです。
店に入ると昔ながらのお茶屋さんといった感じで、店の中央の畳が敷かれた所に、いかにも(?)な匠風の着物を来たお店の人が冷たーく冷えたお茶を出してくれました。お客さんの座る小さなイスが畳ゾーンを囲んであり、ショーウィンドウには小さい茶筒が並びます。老舗といっても手頃な値段で、お店の人もとても優しい方たちでした。
お茶は大好きなのでグリーンティ等沢山購入し、しばし店の人と談笑。涼しくなったのでそろそろ次のお店へ。

御池から寺町通を通り、八方焼本舗 小松屋という和菓子のお店へいって、『やきいも』という商品を購入。会社へのお土産にしました。(さっき皆で食べました笑)
20080722.jpg

ここでお店のおばさんが私の持ってる手提げを見て『そのプリンってグレープフルーツのん?!』と尋ねてきました。
なんでもラジオで最近特集されていたそうで。やはり評判のようで、おばさんも興味津々でした。

そして最後の目的地、錦市場へ!

ここにはおつかいもの手帖に載っているお店以外にも沢山のおいしそうなお店が軒を連ねていて、既にプリンやシュークリームを買ってから一時間がたとうとしているのにうろうろしてしまいました。

20080721(001).jpg
謎の白いポン酢を購入(これもとてもおいしい!)店の名前は失念しました。

千波という昆布屋さんで『おやじなかせ』という、梅、昆布、鰹を絡めたお酒のアテが本に載っていて、おいしそうだなぁと思って行ったんですが、見つけて買おうとした瞬間、後ろで通りすがりのおばさんが「おやじなかせなぁ、、、いまいちやったしな〜」とボソリ。
なんですって!?と思いましたが、気を取り直し購入。
味は、おやじがなくほどかはわかりませんが、ご飯に合っておいしいと思います。

約2時間の京都探索を終え、帰路につきました。


他にも色々見ましたが、改めて京都というところは魅力的な街だと実感しました。
店の人もフレンドリーに話しかけてくれたり、親切に接してもらい、短い時間でしたが楽しい探索でした。


もし京都に行く機会があれば、皆さんも是非これらのお店にいってみてくださいね!


mino
posted by SCW at 18:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食い道楽

2008年07月07日

ヴェリーヌ!

ph_item_11.jpg
この夏流行しそうなフランス発のデザート、「ヴェリーヌ」の記事が日経流通新聞に載っていました。

小さくて透明なグラスの中にムースやジュレ(ゼリー)などを層状に重ねたデザートだそうで、見た目にも色とりどりでとっても綺麗!

このヴェリーヌ、上から順に食べていく従来のグラススイーツと違って、上から下まで一気にすくい、縦の層の組み合わせで味が完成するとか。。。
立っておしゃべりしながらも食べれられるので近頃日本でも流行ってきているホームパーティーなどにもってこいですねるんるん

プランタン銀座では積極的にヴェリーヌを展開していて、11店で約50種類がそろうんだそうです。さらに、買って食べるだけじゃなく自分でも作りたいといった声に応え、料理教室にもメニューとして登場しているそう!

オレンジや黄色のゼリー、綺麗な色の木の実がのった宝石のようなデザートは、自分で作ったら食べるのがもったいなくなりそうですね。


ところで、私事ではありますが、昨日誕生日を迎えまして。
本日会社の皆にお祝いしてもらいました!

080707BD.JPG
これは今流行のヴェリーヌ!?

と思いましたが、グラスにはいっているタイプではないので違うようです。。。
オレンジのゼリーや色々な色のフルーツにコーティングされて、中もスポンジではなくムース状で、フルーツがふんだんに使われていました。見た目にもとても美しいケーキ。食べてみると、カシスと柑橘系のフルーツが夏らしくさわやか!

おいしく頂きましたかわいい

皆さんも、今年ブームの予感の「ヴェリーヌ」、試してみてくださいね!


mino

posted by SCW at 18:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食い道楽

2008年06月20日

信玄餅

地方の銘菓で本当においしいものと出会う時があります。

戦国武将「武田信玄」のゆかりの地、山梨県に仕事で行って参りました。
そこで頂いたのがこの『桔梗信玄餅』です。
(注:画像はロックタウン山梨中央SCの桔梗屋カフェで食べたあんみつです・・・)
DSC06564.JPG

ご存知の方も多いとは思いますが、信玄餅は、安倍川餅のように柔らかく煮た餅にきなこと黒蜜をかけて食べるもので、添加物を一切使用しないので賞味期限は製造から1週間が目安だそうです。
なのに高速のSAでも連日売り切れるほどだとか。


緑茶と良く合い本当に気に入りました!
帰りにお土産で買って帰りましたが、調べてみると信玄餅のパイオニア的存在なのがこの『桔梗信玄餅』だそう。
DSC06642.JPG
素材にこだわり蜜も濃厚!割高ですが旨いんですぴかぴか(新しい)
是非皆さんも機会があれば是非召し上がってください!


ちなみにお菓子以外で山梨といえばワイン。
お世話になっているスーパーさんでも取り扱い種類が多く、選ぶのに一苦労ですが、やはりこの地でないと味わえないワインがありそうです。
しっかりリサーチして次はお目当てのワインも見つけてきます!


ヨシイクゾウ

*****

以上、若手の信玄餅レポートでしたが、今回食べたのは通常のものよりグレードの高い「吟造り」というものです。

<通常>       
ビニール包装
普通の木の楊枝
黄な粉(大豆)
黒蜜     
日持ち:12日

<吟作り>
不織布包装
立派な木の楊枝
黒蜜・アカシア蜂蜜入り
黄な粉(丹波黒大豆)
日持ち:5日


という違い。

ちなみにお値段は、お土産でよく見る巾着入りの通常版が8個入り1050円、吟造りは8個入り1580円。

あっさり蜜がイケてます。
是非ご賞味あれ!
posted by SCW at 19:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食い道楽

2008年04月19日

「地産“他”消」かな...

いや〜世の中、便利。便利。
インターネットって最高〜!
お取り寄せって最高〜!

それこそ、この前の「Study!(HPの読物です)」で地ソースを取り上げていたんですが、改めて食の奥深さと文明の進化に感動します。はい。

昨今は「△△限定・幻の××」や「○○用の醤油」なんかがもてはやされて、その土地とちのローカルブランドの伝統?が違う方向に進化していきそうな状況ですね。
(もっとも、ベーシックな商品があってのもんですが)

以前、四国高知に行く機会が多かったんですが、そのとき四万十付近で頂いた刺身醤油がいたく気に入ってしまいました。
ローカルな商品なんで「行ったとき」に、大量購入してはいたんですが最近の食卓にあがってくる刺身醤油はNBでありました。

まあ、たいして気にはしていなかったんですが最近の「地産地消」や「インターネット/お取り寄せ」の情報を見ていてふと、『あれ、おいしかったなあ.... お取り寄せできるのかな?そういえば、あれって「地醤油」になるのかな?』って感じで検索。

ありました。まじで。(今はあって、普通なんでしょうか?)

地産地消って大切だけど、やっぱりまだまだ嗜好の宝庫!!
自分好みの食材や「思い出」を部屋にいながら御注文。
いや〜、感動。

ブームや流行で「お取り寄せ」もいいけど、なんとなくスローな感じ?で、文明のありがたさを実感しました。ほっ。

ちなみに、この刺身醤油です。
少し甘いですが、コクがあって最高です!(あくまでも個人嗜好)
マルサ醤油



別に意味はないですが「地パン」ってあるんですね。
なんでもかんでも「地」つけりゃ、オーケー?
character.jpg

江ノ電の地パンマンさん、悪気はないですからね。
posted by SCW at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食い道楽

2008年03月07日

横浜中華街

先日、横浜へ行く機会があり、仕事終わりに中華街へ行きました。

神戸の中華街へはたまに行きますが
横浜は規模も大きく"本場中華"の雰囲気が濃かったように思います。

おいしそうな物を求めてブラブラと歩いていると、ひと際目立っていたお店が!

『中国料理世界チャンピオン 世界一の肉まん 一個90円』
E.JPG

これは!と思い早速肉まんとあんまんを購入。

おなかも空いていたのでその場でパクっ・・・
と食べる寸前に目に飛び込んできたのがこちら
{S2.JPG

世界一なのに日本二位。
噴出しそうになりましたが、急いであんまんも詰め込みなんとかセーフ・・・




中華街の近くには、

老舗中の老舗スーパー「明治屋」
0803051.jpg

話題のハッピーローソン山下公園前店
080305HLAWSON2.jpg

スリーエフ・多摩美大生とのコラボ店「gooz」
080305gooz1.jpg


などなど多様な店舗があり、何気に横浜湾岸を満喫してまいりました。
(ハッピーローソンでは、オリジナルのグッズをついつい買い込んでしまいました・・・
それはまた、HPのモノマニアで紹介したいと思います)
posted by SCW at 18:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食い道楽

2008年01月26日

なんばNGK近辺

大阪にはB級グルメが多々あります。中でもなんばはB級グルメの宝庫と言えるでしょう。
今回はなんば花月近辺をちょこっと紹介します。

DSC04538.JPGなんば花月の裏手にあるうどん・そばのお店。この通り建物は老朽化が進んでいます。それもそのはず「もう建って40年は建つからなあ」と大将。店内もかなりのものです。

メニューはオーソドックスなうどん・そば各種のみならず、書ききれない程たくさんあります。名物は「カレーうどん」ですが人それぞれ好きなものは違うようで、個人的には「肉うどん」が名店ちとせの「肉吸」にも負けじとも劣らないと思います。

仕事終わりに行くと吉本や付近の交番からの出前注文でてんやわんや。黒電話ならぬピンク電話がジリリと鳴っています。

関西出身の芸人さんは未だに大阪に来ると必ず寄る人が多いそうで、芸人人気メニューは「山菜そば」と天かすだけの「はいから丼」。
大阪にお越しの際は是非!・・・と言いたい所ですが、店内の老朽化がハンパではないので衛生面を気にする方には・・・ですが味は吉本の太鼓判付きです!

ちなみに芸人人気といえば、先に出たちとせもですがこちらの2店も定番中の定番。
しみずあずま

「しみず派」と「あずま派」の2大派閥に分かれる程です。どんな師匠方も1度は口にされているのではないでしょうか。

どのお店も古きよき大阪の味を出しています。多少古い建物でも気にならない方は、体にしみるような味いかかですか?
posted by SCW at 19:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 食い道楽

2008年01月11日

今年もえべっさんレポ

お飾りおととい9日から今日11日まで、こちらは『えべっさん』で賑わってます。
今日はあいにくの雨模様ですが、残り福を求める人たちで最後まで賑わうはずです。


今までエスシーワークスはこのえべっさんのメインストリート沿いの事務所にいたのですが、現在の事務所に越してきてからはちょっと遠くなってしまいました・・・。

が、9日の晩にスタッフみんなでちゃ〜んと商売繁盛を祈願しに行ってきました!

今年も屋台レポートお届けしようと思ったのですが、人の波に飲まれ過ぎたことと、夜間撮影のため手ブレが発生しているという言い訳で、軽いご報告とさせていただきます。


あげもち
去年あったかどうかわかりませんが、あげもち。
揚げた餅を「だしつゆ」などで食べるよう。


あゆ
鮎屋さん。ここだけ山小屋のような雰囲気が漂っていました。


チキンステーキ_01

チキンステーキ_02
大繁盛だったチキンステーキ屋さん。他の屋台と比べても、300円でこの大きさとは、お得。


フランク散乱
てんやわんや


ファウンテン
食事の後はデザート・・・ってここで?!ファウンテン!


佐世保_01

佐世保_02
今年初めて出店の佐世保バーガー。
ちゃんとブームに乗ってますね〜。
でも、パテが大きいから焼けるまで時間がかかって、店の人もお客さんもちょっとイライラ・・・


ベーコンエッグ_01

ベーコンエッグ_02
ファストフード店が朝食メニューに力を入れていますが、こんなのもあり。朝ごはんに如何ですか?


ゴミの小山
祭り明けにはキレイさっぱり見事になくなっているゴミ。
最初に誰かがポイと捨てると、そこがたちまちゴミ置き場に変身。


そして・・・、気になっている人もいるかもしれないので、今年もちゃんと撮ってきました!

マイメロ_02
何か少し薄汚れて、服の着方が去年と若干違うような・・・
と言っても、おととしよりはマシ?


というわけで屋台を満喫し、今年もエスシーワークスの商売繁盛をえべっさんにお願いしてきました!

来年、えべっさんに御礼が言えますように・・・!

過去のレポート
2006年 No.1 No.2
2007年 No.1 No.2
posted by SCW at 20:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | 食い道楽

2008年01月07日

地場のかぼちゃ食パン

今朝は早めの出勤で、会社でトーストを食べました。

.jpgそれがこの、「地場のかぼちゃ食パン」!
写真は既にマーガリンを塗っていますが、普通の食パンより黄色いのがお分かりいただけますでしょうか。
皮ごと入ったかぼちゃの繊維と栄養と甘さがたっぷりです。
もちろん無添加。

これ、家から会社に持ってきたものなのですが、"関西消費者倶楽部"という、会員制自然食宅配で届けてもらっているものなのです。
野菜、魚、肉、米、加工品から雑貨まで、いろいろ扱っています。

このクラブは、「思想・信条でくくらない、自由に安全でおいしい食べ物を選択できる」ということをテーマとし、世界中から(主に関西ですが)すばらしい食べ物を探しているそうです。そして、様々な思想、信条をもった多くの生産者・製造業者から商品を仕入れていて、中には、「孫には無農薬のみかんを食べさすんじゃ〜」というところから始まったみかん園からも。


この食パン一つをとっても、今まで何の気無しに食べていたものなのですが、改めて考えると、近頃急に言われ始めたような食品偽装問題の影で、こういった自然食を届ける会社(消費者倶楽部は25年も前からあるそうです!)も、ずっと昔からあったのだなぁと、しみじみ思いました。


理想は、どこで買っても安心できる食べ物が食べられることですが、まだまだ、自分の口に入れるものを選ばなければならないのがこの時代必至のようですね。

関西消費者倶楽部 http://www.kansai-cc.co.jp/index.html


posted by SCW at 09:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食い道楽

2008年01月05日

やさしいスープ

みなさん、お正月はごちそうたくさん食べましたか?
正月三が日、しばらく家にいるとず〜〜〜っと何か食べてるような気がしてましたが、気がしてただけじゃなくしっかり身についてましたがく〜(落胆した顔)どんっ(衝撃)

こうしてずいぶんと胃を酷使したわけですが、今日はそんな胃にも優しいスープをご紹介したいと思います。

最近はスーパーやコンビニで「カップスープ」がたくさん販売されています。具も多種多様で小腹がすいたときにはもってこい。CMもたくさん流れていて(“エロうま”は意味不明・・・)、メーカーの熾烈な競争が起こっています。

スープ1.JPGそんな中で独自のカップスープを販売しているのが、昨年お手伝いさせて頂いたJAいずもさん。
こちらでは管轄のコンビニで“規格外”の野菜を作ったオリジナルカップスープを販売しています。




スープ2.JPGその名も『よーけアスパラガスが入ったたまごスープ』。







スープ3.JPGフリーズドライのアスパラとたまご、かにかまが入ってます。
詳しい内容についてはこちらをご覧下さい。






地産地消と聞くと「産直野菜」など生の野菜を想像しますが、こういう加工食品にもあったんですね。
本来なら出荷されなかったはずの野菜たちが新しい活路を見出せたことは、農家の方たちにとってとても喜ばしいことだと思います。

胃にも人にも優しいスープ、全国でこういう動きが起こるといいですね。


posted by SCW at 11:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食い道楽